title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

小寒い早春の宵にストーブを焚きながら食べるケーキも、

20170318_003.jpg

うとうとし始めたネコの寝顔も、

20170318_034.jpg

僕にとっては甘美で幸福な麻薬。
どちらか一つ選べと言われたら、
味わい過ぎても太らないネコの方を選ぶかな?
車のオイルが減っていたんでホンダ車にはホンダのオイル。

20170317_372.jpg

昨年の今頃にカブのオイル交換した余り。
まだ三分の一以上残ってるんじゃないか?
ともかく200ccほど注ぎ足しておきました。
うちの長女メカニックが点検ちう。

20170317_374.jpg

明日から春のお彼岸。
暦は季節を分けれども未だ冬の寒さよ。
それでも庭の桜は薄紅の蕾を膨らませてきたぞ。
天気も良くなったし、
ぼぐもあぞびにいぐよ~、
というヤル気満々な長男肥満児のケツw

20170316_366.jpg

行ってらっさーい。車に気をつけてな。
冬来たりなば春遠からじ。
というほど今の僕は日々の暮らしを嘆いてはいないし、
それどころか心地良さ加減に頭が退化していくのを感じたりしている。

20170315_026.jpg

今日は真冬のような一日。
明け方からの雨が夜明け頃には雪になってた。
昼間もお日様は雲の切れ目からたまに顔を出すだけ。
明日は晴れるかな?

庭にはモグラの土饅頭が炸裂している。
カミさんは畑の野菜に虫がついたり、庭木の葉が病気になると大騒ぎだが、
モグラの土木工事は全然気にならないらしい。
この見苦しい景観になぜ心が動じないのか不思議だw
このままじゃ庭中掘り返されちゃうよ。
今年も排気ガス攻撃をしかけるか。
一昨日だったか、くつしたの顎の下が血だらけだった。
喧嘩して怪我する場所とも思えないからたぶん自分で引っ掻いたんだろう。
触ろうとしてもあまり嫌がらないんで痛みはないのだと思う。

20170313_020.jpg

僕はタクシーの中や狭い待合室で誰かと居合わせると、
沈黙の気まずさに息が詰まりそうになる。
だからといって話をするでもなく、話をしたいとも思わない。
僕が髪を切りに行く店の店主さんは話好きな人で、
一人でアレコレと楽しげな話を喋り続けてくれる。
だから僕は黙って「ハイハイ、ウンウン」と聞いているだけでいい。
精神的にとても楽ちん。
カミさんは無口な美容師さんの時は雑誌でも読んでいればいいんだよと言うが、
たとえ本に目を落としていても狭い空間の中で対人間の気まずさは拭い切れない。

20170313_031.jpg

僕はネコの言葉を解さず、ネコも僕の言葉を解すまい。
だから僕が話しかけるときも一方的。彼らが何かを控えめに訴えるときも一方的。
狭い空間に居合わせても人間同士の時と違って奇妙な気まずさは微塵もない。
ネコたちは僕の時間を侵さず、僕の空間を侵さず、僕の感情を侵さない。
慌てず、騒がず、主張せず、駄々をこねず、穏やかな空気のようにいつもそこにいる。
ときどき眠りの合間に目が合って、「よう」と声をかけると「にゃー」と答える。
大あくびをして、そしてまたイビキをかいて夢の中。

けれど、なあネコさんたちよ。
怪我をした時や具合が悪い時だけはもう少し言葉巧みに主張してくれんか?
気づいたときは血塗れとか手遅れとか、そういうの心臓に良くないんだわ。

Nouela - The Sound of Silence
SKIN:Babyish-