title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

我が家の大型連休はご近所さんから貰った畳の解体。

20170429_734.jpg

これを畑に敷いて夏野菜を植えるんだそうな。
ナス、ピーマン、シシトウ、バジル。
またひと夏お世話になる野菜たち。
豊作を期待していますよ奥さんw

20170429_733.jpg

国東の山中と変わらない我が家の庭は緑一色。
グリーングリーン。

The New Christy Minstrels - Green Green
明後日からいよいよ黄金週間。
うちは先週末から先取りしてしまったんで連休中は自宅待機。
毎年5月の連休は夏休みや年末年始よりも阿鼻叫喚の伊豆半島。
こんな道まで車が繋がるんか? というぐらい人と車があふれる。

東京に住んでいた頃には年に一度行く国東の山や空や海が有難かった。
でも似たような景色の伊豆に暮らしていると国東へ行っても有難味が無いw
だって山があって空があって海があって伊豆とおんなじじゃんか (T_T)
違うのは人間と車の数だけ。
伊豆ももう少し人が少なくなると暮らし易いんだが、そうなるとこの伊豆独特の
田舎に漂う都会文化臭みたいなものが失せてしまうんだろうな。

20170427_479.jpg

青草が凄まじい勢いで地面を覆っていく庭で長女と遊ぶ。
名前は知らないけれどいろいろな花が咲いて、
そろそろホトトギスの声も聴こえる頃になって来た。
毎年春にはちょっと細面になる肥満児の長男も草の匂いを嗅ぐ。

20170427_528.jpg

くんくん。
緑の匂いがするか? 生まれ育った国東の山と同じに匂いか?
明け方はひどい雨だった。
風が吹き荒れて横殴りの雨。稲妻が光って雷が鳴って。
ネコたちは押入れや机の下へ逃げ込んでいく。
桜もほとんど散っちゃったよ。

20170418_658.jpg

昼間はちょっと陽が射してへんな温かさ。
三寒四温というか一寒一温。
春と秋がどんどん短くなっていく。
季節が夏と冬だけになっていく。
つまりあれだ。
熱帯化。

20170418_598.jpg

さすらいの次女。
飄々と、孤高のイザベラ・バード。
心ここに在らずの旅女。
お前は春よりも秋が似合うぞ。

20170418_615.jpg

その兄の次男。
強さは優しさ。怒らず、騒がず、取り乱さず。
実の兄弟姉妹よりもなぜか血の繋がりのない三男三女と仲がいい。

ネコにとっちゃ桜が咲こうが散ろうがどうでもいいこと。
人間は彼らの立ち振る舞いに風情や気品を感じて喜ぶが、
彼らは目の前の快楽だけしか愛さない。
食う、寝る、遊ぶ。
その潔さは桜の如し。

Junk - Paul McCartney
満開。

20170416_451.jpg

あちこち補修が必要な築40年の家には、
樹齢40年以上の桜の木がもれなくついてきた。
ペンキが剥がれたら塗り重ねればいい。
瓦が割れたら取り換えればいい。
窓や戸が傾いだら建てつけ直せばいい。
僕たちやネコたちの身体と違って家は幾らでも取り替えが利く。
それは故障がないことと燃費がいいことと税金の控除がある以外、
僕にとっては他に何一つ取るところのない新車を買うよりも、
ちょっと手がかかっても古い車を買う方が日々の満足を味わえるのに似ている。
満足は人それぞれ。愛する対象も人それぞれ。

20170416_654.jpg

満開の桜の下でラブ・ガイのぶっかけ飯を食す。
暖かくなって俄然元気を取り戻したパクチーをこれでもかと投入。
木漏れ陽と、心地良い風と、パクチーとレモングラスの味に、
僕はちょっとサメット島のビーチにあった安レストランを思い出した。
ペナペナのスプーンとフォークはバンランプー市場で買ってきたもの。
安物の銀器に絡みつく卵の黄身は熱帯の思ひ出。
うまー (´・_・`)

ところで、
たくさんネコのいるご家庭では集合写真を撮るのが難しいと思う。
仔猫の時はいつでもくっついていた彼らも、歳を重ねる毎に相性が現れて、
まるで葬式の時にしか揃わない人間の兄弟姉妹みたいになる。
今日は奇跡的に6匹が1枚の写真に納まった。
我が家の場合こんなことは1年に1度あるかないか。
たいていはネコ嫌いの次女が欠けてしまうが今日は逃げ遅れたらしいw

20170416_045.jpg

桜が散ればやがて青葉の季節へ。

チョットマッテクダサイ - ゴールデン・ハーフ
庭の桜もようやっと本気を出し始めた。

20170413_440.jpg

桜は1年間に1週間しか咲かない。
あとの51週間は若葉だの青葉だの紅葉だの冬枯れだので時を過ごす。
その潔さというか、けちけちしない美しさが人を魅了するんだろうな。

花より団子という言葉があるが、どんなに貧しくても、どんなに空腹でも、
心の最後の部分だけは団子よりも花でありたいと僕は思い続けている。
その美学みたいなものを見失わずにいれば、いつか、どんな形であろうと、
後悔無しに死んでいけるような気がするのだ。
しかし悲しい哉。日常の僕は団子に心を奪われながら生きている。
だから1日か2日に1度くらい、いや、3日か5日に1度くらいかは、
志は団子よりも花だと自分に言い聞かせたりするのです。

20170413_031.jpg
その団子に塗れた煩悩が来たる花見の為に大分からあげを取り寄せさせた。
大分県では「唐揚げ」とか「から揚げ」とか「空揚げ」とはあまり書かない。
ひらがなで「からあげ」だ。
花より団子。花よりからあげ。国東在住時にはこの店が一番うまかった。
なんたって「からあげ花ちゃん」だからなw
ご近所さんの集う花見は来週半ばか? それまでこの桜咲いてるんか?

20170413_450.jpg

やっと春らしい日射しが戻ってきて僕は虫どもの大量降臨に慄いているわけだが、
庭のあちこちから集まってくるネコたちの表情はどこか穏やかな4月半ばの午後。
もう彼らと一緒に山道を散歩することもなくなってしまったけれど、
そこそこ広い庭を手に入れたおかげでネコの集会に人間も交ざれるようになった。
ニャーと言われたらニャーと返そう。
掌を舐められたら頭と喉を撫でて返そう。
ホーホケキョ、と頭の上でウグイスが鳴いている。
春雨と呼ぶには冷たすぎる雨。
放浪児の次女は外にいるか2階にいるかなので写真も少ない。
寒い雨降りでご不満の様子。

20170411_049.jpg

春と呼ぶには寒すぎる宵。
肥満児の長男はふて寝w
火の前で寝言を言いながら大いびき。

20170411_032.jpg

やまない雨はない。明けない夜はない。
僕はもう近頃では、そういう言葉を心の中で呟くことはなくなった。
どんなに今日が寒くても春はやって来るもの。
放浪児の次女にも、肥満児の長男にも、
春は花と雨の匂いを運んでくる。

Marianne Faithfull - Paris Bells
咲いた。
でも今日はまだ一つだけ。

20170405_039.jpg

一番に咲く花は栄養がいいのか日当たりがいいのか発育がいいのか、
もしくは一番せっかちなのか目立ちたがりなのかのどれかだろう。
どんな行列にも一番先頭はいるものだし、
どんな頂にも一番てっぺんはあるものだ。
そうして、そういう場所を踏む人には某かの資格や理由があるんだろうな。
今まで何事に於いても一番など獲ったことのない僕のような人間は、
500番とか1000番辺りで皆に埋もれたまま放っておいてほしいと願う。
目立つのは嫌い。特別なのは嫌い。こだわるのは外にではなく内にでいいよ。

20170405_037.jpg

昨年より一週間くらい遅い一番花。
遅い遅いというけれどたったの一週間じゃないか。
果報は寝て待て。
急いては事をし損じる。
大室山を緑に塗りながら春が下りてくる。

If You Don't Know Me By Now - Harold Melvin & The Blue Notes
僕は花の名前なんてほとんど知らない。
もっとくだらないものの名前は幾つも知っているけれど、
花とか、草とか、木とか、星とか、虫とか、山とか、
そういうものの名はほとんど知らない。
今朝、庭のあちこちにこんな花が咲いているのに気づいた。

20170403_423.jpg

どこで覚えたのか花の名前をたくさん知っているカミさんが、
それはオドリコソウって花だよと教えてくれた。
漢字で書くともちろん踊子草。
伊豆だからなw やっぱり踊子草だよな。
伊豆の踊子草。
これなら覚える気のない僕でも忘れまい。
今満開のクリスマスローズに似てこんなにも控えめな花の色。
こっそりと、ひっそりと、木の下で健気に咲く花が好き。
こっそりと、ひっそりと、世界の片隅で穏やかに暮らそう。

20170403_420.jpg

元捨てられネコが爪を研ぐ。
元野良ネコたちが順番を待っている。
卯月になって春まだ遠からじ。
千鳥ヶ淵は満開だって? 東京は加温機だなあ。
伊豆の桜も今週には咲くんじゃないか?

尾崎亜美 - 春の予感 I've been mellow.
朝採れのホウレンソウをてんこ盛りで食す。
なんでももうそろそろ終わりなんだそうで薹が立って花が咲く前に
食べられるところをどかんと採ってドカンと食す。
今朝はバターで炒めて塩胡椒。食べる前に生醤油をさっとかけていただきました。
うまいぞー。

20170330_040.jpg

そんなに寒い冬じゃなかったけれど春がなかなか暖かくならないという、
冬好き夏苦手の僕には気持ち的にも身体的にも過ごし易い早春。
伊豆高原の桜祭りってのが明日までなんだけど桜なんて一つも咲いてねえよw
と、お祭りの主催者はがっくり肩を落としているらしいです。残念でしたね。
うちの庭もまだぜんぜん開く気配なし。

20170330_043.jpg

この前ネットで読んだのだが、桜はその木に一番花が咲いてから7~10日くらいで
満開を迎えるらしい。なるほど、昨年は29日に一番花で10日にお花見だったからね。
来週辺りは暖かくなるらしいんでぼつぼつ開き始めるでしょう。
なんやらご近所さんたち、花見を楽しみにしているようなのだ (´・_・`)

20170330_051.jpg

気温は上がらずともウグイスは鳴き、木蓮や梅はきちんと花をつけている。
そうしてネコ共も毎年恒例「ヤマザキ春の抜毛祭」がいよいよはじまるぞ。

20170330_037.jpg

それでもうちは外へ出してるから室内飼いよりは毛の量が少なくて済むと思う。
とはいうもののさすがに六匹いると凄まじい。
掃除機かけても五分くらいするとフィルターが詰まってパワーダウンしちゃうのだ。
三月と四月はネコたちが一番活動的になる季節。
いっぱい遊んでいっぱい食べろよ。
でも車には気をつけてな。
友達の家にお泊りしてきた。
今朝の信州某所はこの景色。

20170326_407.jpg

東京や神奈川から伊豆へ移り住んだ人の多くは、
移住地の候補に当初は那須や信州を加えただろうと思う。
そしてその多くの人が冬の寒さを厭って早々に候補地の中から
那須や信州を除外しただろうとも思う。
やっぱり雪国生まれの人だって出生地を前もって選べるのなら、
冬の間雪に閉ざされるような土地を選ばないのではないか?
と僕は思ったりする。
これから伊豆半島へ移り住もうとしている人にアドバイスすると、
伊豆は雨が多いので趣味や仕事が雨に影響を受ける人は
それを一考した方がいいです。

寒い寒い三月の日曜日。家に戻って来ても真冬の様相。
桜の蕾はちょっと膨らんだまま身を竦めて雨に濡れている。
自分の書いたものを読み返すと昨年の一番花は29日だった。
あと三日か。咲くかな?

20170326_016.jpg

国東半島天拝生まれの兄と妹はストーブの前。
ぬくぬくと、春を待ちながらストーブの前。
SKIN:Babyish-