title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

半月遅れで大室山の山焼きが行われました (´・_・`)
今年はススキにちょっと湿気が残っていたのか煙が多かったなあ。
麓の道端には「春を告げる大室山の山焼き」という幟がいっぱい立つんだが、
あの真っ黒けっけに焦げた山が春の景色なんだよね。
我が家のように古い家は隙間だらけで気密性がよくない。
だから夜になって冷気が山から下りてくると、
煤の匂いというか焚火の後の匂いが家の中に流れ込んでくる。
こういう風情は都会にはないし、こういう風情は新しい家にもない。
よく言えば田舎の味わい。悪く言うと田舎のオンボロ家w
明日の朝には燃えたススキのカスがたくさん飛んで来るんですよ。
そしてデッキとか、車の屋根に降り積もるのだ。

20180225_007.jpg

冬が過ぎて春の足音が聴こえ始めると、
また猫たちが無事に冬を越したなあと感慨深い溜息が出る。
今までに冬を越せなかった野良や半野良を見てきた。
だから我が家の猫共はもちろん道で会う野良たちにも、
お前ら頑張ったな。また一年生き延びたなとしみじみ思う。
そして春の訪れは男子のバトルシーズン終了でもある。

20180225_012.jpg

この冬も流血バトルを二度も経験した長男と次男だが、
この十日ほどですっかり闘争本能を封じたように見える。
昨日は二匹並んでメダカ鉢の水を飲んでいた。
そんな光景は四か月ぶりくらいかな?
まあ生まれた時から一緒なんだ。仲良くやりたまえよ。

20180225_125.jpg

山焼きのあとのお昼ご飯はサッポロ一番味噌ラーメン。
こうして二月最後の日曜日は過ぎていくのでした。
今週はもう三月か。
もう少し冬の名残りを楽しみたいなあ。

風がはこぶもの - 本田路津子
SKIN:Babyish-