title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

100円ショップの老眼鏡をかけていると鼻が痛くなる。
だから鼻のところにティッシュを畳んで挟んでいる。
救い難いほど間抜けな見てくれだが、
別に客人があるわけでもなく外へ出かけるわけでもない。
本当はちゃんと顔の形に合った眼鏡を買えばいいんだろう。

白いものが珍しいのか、
飼い主の貧乏臭さが許せんのか、
ネコがそのティッシュに手を出してくる。
数年も切ったことがない鋭い爪で強烈にパンチを繰り出し、
鼻の上へ載せたティッシュを引き千切ろうとする。
これは危険だw
何度やめろと言っても猫耳東風だが、
まあ明日になれば飽きるだろう。

20170103_099.jpg

畳んだティッシュで一日遊べる彼らが羨ましい。
好奇心は無知の証。
物事は知れば知るほどに情熱を奪う。
ネコでさえ、ティッシュにかける情熱は一日しかもたない。
どんな楽しみも惰性で続けるなら、
それは愛や情熱を演じる自己陶酔に過ぎんと思う。
だから継続は力なり。だから継続は愛なり。




SKIN:Babyish-