title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

海のすぐ近くで暮らしながら海になんてほとんど行かない。
だって海はいつもそこにあるもんなあ。
山の近くで暮らしながら山になんてほとんど登らない。
だって見上げれば山はいつもそこにあるもんなあ。

20160929_356.jpg

国東にいた頃は空の写真をよく撮った。
朝に夕に呆れるほど広い空が美しく染まって、
僕はあの雲の向こうの空の下には東京があって、
そこには今も友達が暮らしているんだろうと思っていた。

20160929_724.jpg

僕は時々、難しい話を夜明けまで誰かとしてみたくなる。
僕は時々、本当に好きな物の話を夜明けまで誰かとしてみたくなる。
酔っ払い相手ではなく、素面の相手と夜を徹して語りたいと思う。
だけど哀しい哉、そういう相手は僕の周りにもういなくなってしまった。
それはつまり、僕がイイ意味での大人になれなかったからだろうと思う。

20160929_022.jpg

だから僕は緑の茂る庭を見ながら、
六匹のネコを代わる代わる撫で回している。
僕が一日歳を重ねれば、ネコたちも一日歳を取る。
光陰矢の如し。
明日で九月も終わりか。




SKIN:Babyish-