title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

昨夜はイタリアGPだったらしい。
僕はもう色々な理由からF1を観る気がすっかり失せてしまった。
たぶん今のF1にもそれなりの面白さや緊迫感があるんだろうが、
僕の感覚がもうそれを感じ取れなくなっちゃったんだろうな。
別にそれでイイじゃないの。
思い出や青春はいつも美しく切なく感極まるものだよ。

20160905_002.jpg

今から46年前の今日。
モンツァで行われたイタリアGPの予選でヨッヘン・リントは事故死した。
直線でのトップスピードを稼ぐ為にウイングを外して走った結果だったといわれている。
なんて無茶で、なんて勇気ある、そしてなんて熱い時代だったんだろうか。
F1がそんな勇気と情熱と夢のみなぎるマン・スポーツだったから皆が熱狂した。

20160905_001.jpg

左からグラハム・ヒル、コーリン・チャップマン、ヨッヘン・リント。
見入るほどに言葉を失う印象的な写真。
チャップマンが率いていた時のロータスは強かった。速かった。美しかった。
安全とか、環境とか、本来速く走る事とは無縁の要素がF1を蝕んだ。
タバコマネーの撤退がマシンカラーを小口スポンサーばかりの見苦しいものにした。

ヨッヘン・リント。享年28歳。黙祷。




SKIN:Babyish-