title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

今日は庭の草刈り。これが田舎の宿命。
冬までにもう一回ぐらいはやらないとあかんかな?
別に草刈りなんぞ楽しい筈もないが、町内会とか隣組とか、
そういう訳の分からん集まりが酒宴を設ける為の口実でないのが救い。
二時間か三時間かけて自分の家の庭を刈った満足は、
カミさんの笑顔と切り刻んだ草の懐かしい匂いみたいなもの。
青空の下、大汗をかきながら草刈り機を振り回して、
ゆずのつぶつぶジュースで小休止。しばし次男坊と語らふ。

20160903_350.jpg

昼間は暑いが夜になると冷気が山から下りてくる。
夕闇にトンボが飛び交い、暗くなると地虫が鳴き始める。
もう山の麓はすっかり秋だぜ。
コオロギの声を聴くまでに、あと二つぐらい台風が来るかもな。




SKIN:Babyish-