title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

昨年の暮れに個人売買のサイトでこんなの買ったのを思い出した。
半年間放置していたんだが梅雨入り記念に使ってみました。

20160604_023.jpg

商品名といい、箱のデザインといい、モデルになった犬猫といい、
全てが頭を抱える絶望的センスの恐らく中国か韓国製。
実売価格は10000~13000円くらいらしいけれど僕は3000円で買った。
というか、3000円だから買った。
売主の人曰く。
「我が家の猫に付けてみましたが室内飼いですので面白い動画が撮れませんでした」
そりゃそうだろうなあと思う。自分の家の中を撮ったって楽しくはないよな。
犬の首にぶら下げて一緒に散歩へ行ったり、どこかのドッグランに放したりしても、
写っている景色は視線の高さを別にすれば飼い主が見る世界と同じじゃん。
とか思いつつ長男のしま兄に装着してみるとこんなかんじ。

20160604_001.jpg

歩行時の正立状態で首輪から下げたカメラが正面を向かなきゃならないんで本体は
固定されておらず、左右は固定だが前後方向へは90度の角度で可動式。
重さは35gと大して重くはないがネコが首から下げるにはちょっとでかい。
人間だとネックウォーマーにスマートフォンをぶら下げているかんじかも知れん。
要するにかなり鬱陶しい物なんじゃないかとw

ネット上にもこれで撮った動画が幾つか転がっているけれど、どれもこれも
予想に違わずブレブレで何が写っているのかサッパリ分からんものばかり。
で、うちの長男が記録した映像を3分間ほどの長さに切り出してみた。
もちろん僕やカミさんならどこだか分かるが、それ以外の人にはどこの
山奥なのか人の家の庭なのか分からん景色だろうと思う。
というか、こんなもん撮っていったい何が面白んだろうか? 意味不明だ。



取扱説明書には8GBのフラッシュメモリ内蔵と書かれてあるが、パソコンに繋いで
みるとどうやっても4GBしか認識しない。だから多分実態は4GBなんだろう。
バッテリーは2時間半駆動しますと記載されてるが、30分毎に1つのファイルとして
書き込まれるavi形式のビデオ容量は1.7GB。
だから1時間でファイル2つが記録され合計3.4GB。
バッテリーが2時間半動いたって4GBの内蔵メモリじゃ1時間10分しか記録できない。
こういう理解不能なトンチンカンさが中国や韓国製品の通常クオリティ。所詮そんなもんか。

彼らがどこを歩いているのか? どこで何をしているのか? を知りたいのなら、
こんな出来損ないのカメラよりGPSロガーの方が遥かに有用だと僕は思う。
記録の精度も、記録時間も、両者には比べるのが馬鹿馬鹿しいほどの差がある。
オモチャとしてなら面白いか知れんが、3回も撮れば見る方は飽きちゃうだろう。
3回撮ったら僕も転売するかw




SKIN:Babyish-