title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

元喫煙者としての経験から言えること。

20160424_042.jpg

煙草が無い時や、飛行機で8時間禁煙を強いられる時よりも、
煙草を吸える環境で煙草が手元にあるにもかかわらず、
「火」が無いという状況が一番精神的に苦痛だと思う。
僕は酒を嗜まないからよく分からんが、たとえばそれは、
ワインはあるのにワインオープナーが無いのに似ているんじゃないか?
ワインなら半分捨てるのを覚悟で瓶を割って飲むことも出来るか知れんが、
煙草じゃどうやったって火はつけられない。
最もよくある悲しい場面として、
ライターはあるんだがガスが空。もしくはオイルが空。
これが堪えるw
バイクで3時間くらいノンストップで走り続け、
景色のいい山のてっぺんで一服しようとしたら火がない。
この悲しさと情けなさと徒労感は実にハンパないものだ。
高速のサービスエリアやコンビニの駐車場ならライターを買いに走る。
でも山のてっぺんじゃ拳を握りしめて肩を震わせるしかない。

20160424_190.jpg

どうしてこんなことを思い出したかというと、
カレーを作ったのに米が無かったからです (T_T)




SKIN:Babyish-