title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

人と会ったり用事を抱えていたりするのは好きじゃないんだが、
だからと言って毎日毎日家にいると少なからず息が詰まってきたりする。
居心地のいい部屋と庭があっても内は内、外は外。
もう今じゃ東京へ出たいと思うこともほとんどなくなったけれど、
たまには外の空気というか、外界の肌触りを感じたいこともあるのだ。

今日は三島にある三菱東京UFJ銀行まで行ってきた。
片道小一時間の小ドライブだからフィットじゃなくてロードスターで出発。
吐き気がするほど車に乗り続けていたいと思うことがたまにある。
だけど往復二時間ちょっとの行程でも渋滞が皆無なのと山あり海ありで結構楽しい。

20160127_577.jpg

帰りが昼にかかったんでどこかで何か食おうかな? と思ったんだが、
なんとなく一人で外食するのもイマイチ気が引けて何も食わずに帰って来ちゃったよ。
うちのカミさんはあまり出かけるのが好きな人ではないんだけれど、
たまには一緒に外で食事でもしませんか? とここに書いてもしょうがないか。

ロードスターは設計が古いせいか、あるいは車体そのものが古いせいか、
そもそもスポーツカーだからそういう造りなんだろうが乗り味は随分と荒っぽい。
でも、その荒っぽさからくる微妙な緊張感が軽量スポーツの魅力だな。
30年前に乗っていたスプリジェットやスピットファイアも正にこんな感じだったよ。

20160127_596.jpg

30年前にも僕はネコと暮らしながら、モノクロのCRTが内蔵された文豪miniっていう
ワープロで自費出版のミニコミ原稿を書きまくっていて、駐車場には15年落ちぐらいの
2座席オープンが傾きながら停まっていた。
あれから30数年。
今はもういろんな理由からタイへ足を運ぶこともなくなった。
大型のバイクもいろんな理由から降りてしまった。
そしてなんだかいろんな理由で生まれ育った東京を離れて暮らすことになった。

だけど僕は今も理解のあるカミさんや傍若無人なネコたちと暮らし、
毎日毎日文章を書き綴りながら生きている。そうして窓から見える駐車場には
2座の軽量スポーツカーが少し傾きながら停まっている。
なんだ、30年前とちっとも変ってないじゃんか。

20160127_160.jpg

30年を経ても変わらなかったのは僕がそれらを愛していたからだと思う。




SKIN:Babyish-