title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

先日日本カー・オブ・ザ・イヤーが発表になった。
多くの人が賛辞を贈るものでも自分の眼には魅力的でないものもある。
というか、昨今ではほとんどの物にときめかなくなってしまった。
トヨタが先のモーターショーに出品したこの車を指して僕の或る友人は、
「こんなダボダゼ誰が買うんだ?」と言った。

20151209_001.jpg

僕はこの車をデザインした人が、やっぱりどこかに差別化みたいなものを明確にしなけりゃ
ならなくて、それでこんな間の抜けたオバQみたいな顔にしたんじゃなかろうか?
という気がしてならない。
だってパツと見たところ、誰もが目を奪われるそのバカ面以外は実にトラディショナルな
スポーツカーの形をしているじゃないの。
試しにオバQ顔を普通の顔に変えてみる。

20151209_002.jpg

ほれ。
これはもう80年代辺りにシルエット・フォ-ミュラで走っていたポルシェそのまんまじゃん?
だけどこの顔つきじゃ既存のマシンと差別化出来ないからオバQにしたんじゃないんか?
実のところはどうなのか知らんけど、僕はこういったデザインの為のデザインみたいなものは、
往々にして良い結果を生まないものだと思う。

20151209_003.png

座席後方のミドシップにエンジンを積んだエキゾチック・カーはその見た目も、性能も、
そして価格も、それがエグければエグいほど魅力的なのかも知れない。
けれど前置き後輪駆動のスポーツカーは常に容姿端麗であるべきだと僕は思う。
ジャガー然り。アストン然り。マセラティ然り。そしてコーヴェット然り。
後輪直前に人間を座らせるロングノーズ&ショートデッキ。
合理とか実利を排した無駄の美学が生み出す造形は溜息が出るほどウツクシイものだ。
本当の意味でその無駄を新車で提供してくれるのは、今やモーガンだけなのかも知れん。

Plus8_Exterieur.jpg




SKIN:Babyish-