title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

昨日息抜きに(ってなんの息抜きだよ)YouTubeを見ていたらこんなのがあった。
超強力両面テープで小屋を作ってみる。



一坪くらいの物置みたいな小屋を建てるんだが、ホントに釘の類は一本も使わずに
両面テープだけで作っちゃうんだよね。
で、これを見ていて思ったのは、この程度の小屋を建てるのに大した道具だの
能書きだの薀蓄だのはほとんど要らんのだろうなってこと。
DIY関連の動画やサイトを見ていると、まあ偉そうに基礎はどうだの道具はどうだの、
材料はアレじゃダメだからコレを使えだのと事細かに語っておられる。
でも実際は柱に壁と屋根がついてりゃそれらしきものは出来上がるという事だ。
こういう事を言うと、待ってましたとばかりに今度は耐久性が云々とか始まるんだろう。
でもね、実際の耐久性なんてのは使い始めなけりゃ検証も出来ないわけで、
自分で使った材料を知っていれば自ずと予測がつくものだと僕は思う。
どんなにいい道具と材料を使ったってヘッポコ大工が作りゃ耐久性は限りなくゼロだよw
唯一留意すべきは台風なんかで壊れて飛んで行っちゃった時、誰かに迷惑がかかったり
しなければイイという事だけではないのか?

なんでこんな事をあれこれ考えているのかと言えば、
どこかで廃材でも手に入ればオレでも駐車場の脇に小屋が建てられるじゃん?
というだけの話です。えーと、誰か廃材ください。




SKIN:Babyish-