title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

一人で朝の散歩に出ると、いつもすれ違う人たちから「奥さんは?」と尋ねられる。
或る人たちは入院中なのを知っているが、別の或る人たちには知らせていない。
けれど話したところで見舞いへ駆けつけるほどの付き合いでもないし、
駆けつけようにも誰が8時間かけて大分県別府まで行くのだろう?
行けるもんなら行ってみてくださいw
というわけで「奥さんは?」と聞かれたら「入院中」と答えるようにした。

20151013_274.jpg

家から緩い坂道を200mぐらい下って振り返るとこの景色。
遠目にはまだ緑の大室山だけど、近づいてみると金粉をふりかけたようにススキの穂が
色づき始めていた。春は麓から這い上がるが、秋と冬は稜線から降りてくる。
夜の間にひっそりと降りてくる。

20151013_040.jpg

9月に蒔いたパクチーが順調に葉をつけた。
これがあるとないとでは献立が大きく違ってくるのだ。
でも一人じゃ何か作る気にもならんな。
チキンラーメンにパクチーをふりかければタイの味になるかな?
トウガラシとナムプラーを数滴垂らせば結構いけるかもよ。
いつもは目に留まらない庭の花や野菜を毎朝点検して回る。
ピーマンはまだまだ行けそうだがシシトウはそろそろ終わりか。
最後まで鳴いていたツクツクホウシもとうとう姿を消した。
あの忌々しい蚊も激減の一途を辿っている。

20151013_046.jpg

日本で一番低い高原と揶揄される伊豆高原にあっても我が家の標高は300m。
秋は確実に庭へ染み渡っているのだ。
気がつけば桜の落ち葉が根雪のように地面を覆い始めている。

20151013_035.jpg

昼間の日溜りはネコたちの極楽。
人間が家を空けていても、きちんと全員が家に戻って寝ている。
彼らにとってここはやっぱり「家」なのだろう。
なあニャンコども。
好きに使って構わんがどこかで食った野ネズミを家の中で吐くのはやめれ (T_T)





SKIN:Babyish-