title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

関係各方面の方々。カミさんの手術は何事もなく終わりました。
ご心配していただき恐縮しております。

そもそも僕はかなりのビビリ屋なので表向き冷静を装っていても、
内心は緊張しまくりで多くの場合は歯や腹が痛くなったりする。
だから心配事の雲が晴れると自分まで病が霧散したような気になるものだ。
今夜は宵の口にカミさんからメールが来たくらいだから容態は推して知るべし。
ともかく、これで後ろ髪を引かれるような思いをする事無く伊豆へ帰れますな。
心がだいぶ軽くなったので何か大分らしいものを食おうと考えたんだが、
地方都市というところは車がないと如何ともし難いものだ。
あの店この店と思い描いても歩いて行くには遠すぎるし、わざわざバスに乗って
行くほどご大層な店でもない。
今夜のところは県内総じてクオリティの高い鶏肉でも食うか、
という消極的平和政策で別府名物とり天弁当を買ってきた。

駅前の一等地で婆ちゃんと爺ちゃんがやっている年季の入った弁当屋です。
こういった外食産業のボトムラインを担う店でさえとり天だのからあげだのの
クオリティは驚愕のレベルに達していると僕は思う。
しかし婆ちゃん、この飯の柔らかさはないだろ?
なんでババアの炊くご飯ってのは総じてこうべちゃべちゃなんだ?
でもイイや。それを補って余りあるとり天だったから。
で、風呂上りは腰に手を当てて牛乳。

20151009_251.jpg

静岡では丹那牛乳。そして大分ではやっぱしコレ。
白地に緑のロゴだけでなんだか美味しいみどり牛乳だ。
相変わらずよい仕事しているみどり牛乳さん。
奥さんの件、良かったですね。
お疲れ様でした。

私も妻も今月手術が控えていて、こちらは大病や大怪我という程ではないものの、全身麻酔の泊まり入院というのが私をビビらせています。

ところで今朝は、朝刊を取りにマンションの外廊下を歩いた時、なぜか妙に「あー、朝だなぁ、朝は気持ちにいいなぁ」と思って思わず立ち止まって13階からの景色を眺めてました。
でも、残念ながら静けさはありません。ゴーっと車の走る音が響いてます。
この騒音、普段は気付きませんが、朝だなぁと感じた次の瞬間に妙に耳についてしまい、静かかな朝の景色が恋しくなりました。

同じ時間を過ごしていても、お互いに全く違う環境にいますね。
いちまる [] EDIT
お気遣いありがとうです。
ご夫婦で手術なんですか? ちっちゃい子がいるのに大丈夫なんでしょうか?

国東に住んでいた頃はたまに都会へ泊まりに出ると、人のざわめきとか電車や車の音とかが
妙に嬉しかったです。あー、この感じこの感じみたいでワクワクした。
でも伊豆へ移ってからは人の気配もするし車の音もそこそこします。
郵便配達のカブがパラパラパラって空冷短気筒音響かせてやって来たり。
鳥の声や虫の声もするけど、週末の朝には朝練の走り屋さんもブイブイいってます。

今回は国東に一晩だけ泊まって、夜中に庭先でキュワーンって聴こえる鹿の鳴き声が
あー、この感じこの感じだった。
どっちの朝がイイとかじゃなくて、どっちにも良さがあるのではないかと思います。
で、僕のような欲張りには鳥のさえずりもバイクの朝練も聴こえる伊豆は丁度いい
のではないかと。

というような事を考えてみた別府の朝です。

EL [] EDIT
私「の」妻も

の間違いでした。
失礼しました…。
いちまる [] EDIT




SKIN:Babyish-