title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

昭和から生きている人にとっては馴染み深いシベリアとかスイスロールとか、
ナポリタンとかロシアケーキなんぞといった意味不明の食い物群がある。
お隣さんからいただいたゴーヤを使って今日作ったのは「オランダ」 (´・_・`)

20150827_009.jpg

いったい何がオランダなのか知らんが、どうも諸説を総合してみるとネーテルランドの
事ではなく、大分方言の「おらんだ=叫んだ」から来たらしい。
これは国東出身のお嫁さんを貰わなかったら永遠に知る事がなかったであろう国東の
郷土料理で、そもそも夏場大量に収穫されるナスとゴーヤをただただ消費する為だけに
考案された、言ってみれば合法的廃棄手段のような出自の調理方法で、それゆえ見た目も
味も風情や華やかさとは無縁の農家御用達純朴土着料理だといえる。

たっぷりの油を鍋に熱し、そこへ半月切りにしたナスとゴーヤをぶっ込む。
ジュワ! バチバチ! という水滴の弾ける音が「おらんだ=叫んだ」なんだらしい。
味付けは塩と胡椒と酒とみりん。あとは醤油か味噌をお好みで。
仕上げに水溶きした小麦粉を流してとろみをつける。
本来は肉さえ入れないらしいが豚細とかバターとか甜面醤とかでグレードアップ。
やっぱり食い物は消費するって概念じゃなく、味わって美味しく食べたいものだ。
今日はネコたちにもキビナゴのおやつ。

20150827_006.jpg

以前は日に二度の食事以外こういうものは一切やらなかった。
人間が甘くなったのか、摂生しても死ぬ時はあっけなく死んじゃうんだと悟ったからか、
この頃は割と頻繁におやつタイムを設けるようになりました。

20150827_002.jpg

全力で遊んで、全力で食って、全力で寝て、
そして全力で生ききって後悔せずに死んでいこうじゃないか。
と、ネコたちに教えられた私だ。




SKIN:Babyish-