title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

TDMを出した代わりにこんなのを入れてみた。

20150611_956.jpg

いつかは欲しいなと思い続けて来て、今回ひょんな偶然から手に入れる事が出来た。
マイナーチェンジ前の紛う事なき平成4年式のユーノス・ロードスター。
設計図が描かれたのは正に昭和の最初期型です。
バンドに例えれば謂わばファースト・アルバム。
もはやクラシックカーという括りに片足の半分くらいは埋もれている。
だから私的には価値があるんだよな。
車に関してはどれだけ語っても語り切れないけれど、
僕はもうこのくらいまで時を遡らなければ心ときめく物には巡り会えないんだろうと思う。

20150611_848.jpg

縦に置いた4気筒ツインカムがプロペラシャフトを介して後輪を駆動。
交差点の先頭に停まって青信号で右左折しながら発進する時、
腰の辺りに感じる懐かしい加速感が「あー、FR」と嬉しくなる。
電子制御されていない機械式油圧制御のATは変速時にドカンと来ます。
重い吹け上がりはアルファやトヨタの古いダブルカムにそっくり。
この時代の車にはまだ辛うじて鉄と油の肌触りが残っている。

車両価格は片手諭吉。
これこそライトウエイトな楽しみの神髄。
この20年ぐらいで一番嬉しい買い物だったと思います。
その節は色々とお世話になりましたOさん。
何かとありがとうございましたKさん。
こんにちは。

おぉぅ!カッコですね!ロードスター。

私のトランザルプが1991年型ですから大体同じ世代として、その「辛うじて昭和の良き時代の」的なニュアンス、とても良く分かる気がします。
トランザルプで言えば、もうヘッドライトは常時点灯式だし、曲線を多用したデザインも当時はかなり「新しい世代」を感じましたが、逆に古き良きモノも残ってるとも思います。

しかし羨ましい。
私にもし同じような幸運とコネがあっても、駐車料金や使う頻度の理由で所有実現はあり得ないですから。

東京は嫌いではないけれど、敢えて出て行く理由がない。
特に通勤を考えると。
でもその一方で、何をするにもお金がかかるし、高い。

…ELさんのブログを読んで時々夢をみてます。もし自分が将来東京を出る事になったら…と。
早く出たい、という意味ではなく。

しかし(2回目)、いいですなぁ、オープンカー。
いちまる [] EDIT
こんばんは。

トランザルプって昭和だと思いますよ。
特にあのカラーリングが疑いの余地もなく昭和。
あとメーター周りの景色が昭和。針の太さとか数字のフォントが昭和。

もう誰に何を言われようと、誰かに指さされて笑われようと、
死ぬまで居心地の良い水の中でぬくぬくと過ごしたいと思いますよ。
いろんな意味で昭和の匂いが残っているものはどこかほっと出来たりする。
波長が合うというか、良さが分かるというか、ともかく落ち着くんですね。

ロードスターは車検が切れるまで乗って、
あとはナンバー切って「所有」しているだけでも幸せかな? と思うです。
そのくらい思い入れがあった車なんで。
田舎に住むと地面が安いから置いておく楽しみが享受できます。
僕みたいなビンボー人でも車3台置ける駐車場つきですから。

敢えて東京を出ていく理由がないっていうのはよく分かります。
僕も4年前までは東京以外での生活なんて想像出来なかった。
でも、本意であろうがなかろうがともかく一度出てみると、
ああこういう生活もあるんだな? ってことが分かってくる。
つまり選択肢が増えるんですね。
そうすると東京(というか都会)に対してちょっと冷静で客観的になれる。
なんというか、その視野の広がりみたいなものは大分へ行かなきゃ
持てなかったものだと思います。
都会はいいですよ。でも田舎もいい。
どっちかを選ぶんじゃなくて比率で選ぶといいんじゃないかって。
で、僕は都会3に田舎7みたいな土地を思い描いて伊豆にしました。

僕は時々、自分がもっとお金持ちだったら葉山とか油壺あたりに住めたかもな?
と考える事がありました。
でも我が家の数軒先に鎌倉在住の方の別荘があるんですが、
鎌倉じゃ人や車が多くて騒がしいんでこっちへ移住するつもりらしいです。

鳥好きの人ならここいらは楽しい土地だと思いますよ。
ウグイス、ホトトギス、シジュウカラ、キツツキ、コジュケイ。
伊東市の鳥になっているイソヒヨドリは青くて美しい鳥です。
EL [] EDIT




SKIN:Babyish-