title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

一年365日のうちの10日ぐらいは誕生日とか結婚記念日とか、
そういった節目を数える日があったりする。
6月4日が来ると、ああまた一年を積み重ねたなあとシミジミ思う。
昨年は25周年だったから世界中で色々な催しがあった。
天安門事件50周年の日まで自分は生きているんかな?

僕はあの事件に関わった訳でもなんでもないが、
6月4日が来ると広州の珠江という川沿いにあった安食堂で、
やたら山椒辛い麻婆豆腐と川海老の唐揚げを食いながら、
香港のテレビ局が流す北京の騒乱を見ていた夕方を思い出す。
あの蒸し暑さと、町に澱んでいた喧騒と、暮れてゆく空と、
不潔極まりない食器の汚さが懐かしく思い出される。

誰にでも青春があり、誰にでも思い出がある。
再見。
僕は漢民族も中華思想も大嫌いだが、
この言葉だけは美しいと素直に思う。




SKIN:Babyish-