title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

タイの米を炊く。

20150529_055.jpg

普通の炊飯器へ入れて普通に三合炊く。
30分ぐらい経つと、あの懐かしい香りが家の中の隅々にまで行き渡る。
この匂いを嗅ぐといろんな事が思い出される。
もうタイへ行く事はないんかな?
そうだなあ、無いかも知れないなと思う。
だけど今の僕には不思議とそれが悲しくも寂しくもない。

今日の伊豆は一日雨。
庭にあじさいが咲いた。
姫紗羅の木に設えた巣箱の中ではシジュウカラの雛が孵った。
ネコたちは眠りの中。
昨夜朝帰りだったぷーとひでじは昏々と眠り続けてる。

僕はタイ米の上へラブガイをぶっかけて昼飯。
カミさんはタイ米をトムヤムクンの中へぶっ込んで豪華な雑炊。
雨の中、庭の畑からパクチーを収穫して背中がズブ濡れ。
マイペンライな人生。




SKIN:Babyish-