title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

色々と思うところがありまして先週の金曜日にTDMを手放した。
もうこれで多分、大型バイクに乗ることはないだろうなと思う。
車検も切ったままだし置く場所もあるから置いておけばいい、
と自分に言い続けて来たんだがやっぱり色々と思うことあり。
でも手放したら様々なモヤモヤが一瞬にして消えた感じ。

大型バイクに乗って遊び回るにはそれを扱う技術か、
もしくは技術の未熟さを補う体力のどちらかが不可欠だと思う。
結論を言えば今の僕にはそのどちらもが欠けていて、
もう一度某かの努力と引き換えに技術や体力を身に着けてまで
でかいバイクに乗りたいとは思わなくなったという事です。

誰にでも降りる日は来るし、
やがて誰にも運転免許を返納する日が来るだろうと思う。
乗り回すだけならカブがある。
置いて眺めるならゴリラがある。
なんの後悔も寂しさもないから、きっと手放したのは正解なんだろう。

紛失してしまった登録書類を再発行しないで原付の住所変更が出来るのか?
という問いにTDMを引き取りに来たバイク屋さんは「出来るよ」と即答した。
で、昨日は伊東の市役所でネコの去勢手術費用申請書をゲットするついでに
登録住所の変更をしてきた。
すいません、また税収が減っちゃいましたね国東市。

20150316_052.jpg

できれば電話はヨイフロの4126が欲しかったです伊東市。

20150316_056.jpg
…なるほど。
その心境、分かる気がしました。
(体力、技量云々は別にして)

私の二台目のバイク(CB125T)を手放す時、それまでかなりの思い入れがありましたが、手放す事を決めた時の心境って自分でもビックリするほどアッサリしていたのを思い出しました。

そしてきっと、トランザルプを降りる時もそうなのかもしれませんね…。
今はまだそういう心境になれませんが、こういうダラダラとした長い期間を経て必然的な決意に至るのだと思います。

あー、今年はまだ乗ってない気がする。
エンジン、かからんはずです。

話は変わりますが、大室山も小室山も景色最高でした。
今朝は姫路に出張中です。
旅行の直後の遠方出張って、少し妙な気分です。
いちまる [] EDIT
伊豆高原ってとてつもない風が吹く土地なんですよ。
で、今年に入って風でバイク倒れちゃったんですわ。
生垣に向かって「向こう側」へ転倒したんで一人じゃとても起こせない。
一度目はリフォームに来ていた大工さんの若い衆二人に手伝ってもらったけど、
二度目はもうどうにもならんかったです。
便利屋さんでも呼んで起こしてから風の当たらない場所へ移動するのも
考えましたけど、うーん、なんだかなぁー、ってかんじで。

僕的な尺度でいうと自分の手に余るような物というのはですねぇ、
いろんな意味で愛情が薄れて来ているんだろうと思う訳です。
だって愛が深ければ何が起きようとなんとかする筈ですから。

バイクだってまだ走れるのに僕の元でこのまま朽ちるよりは、
誰かの手で走り続けた方がシアワセなのかも知れんです。

多分いちまるさんが大室山に登っていた頃、
TDMは軽トラに積み込まれていたんでしょう。
EL [] EDIT
あー、そうだったんですね、その日にドナドナ、TDM。

ところでその日の大室山の頂上は「とてつもない」強風でした。
我々が上がった後にリフトが強風で運休になったので、つまり一番風の強い時に登らされたとも言えるわけで(笑)
必死にお鉢巡りしました。

でも眺望は素晴らしい!
またいつか行きたいです。
…風の無い日に。

かくいう私もトランザルプを押しがけする体力は残ってないが、さてどうする?再始動。
いちまる [] EDIT




SKIN:Babyish-