title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

一昨日でようやくお風呂のリフォームが終わって温泉通いもめでたくお終い。
残すは玄関土間のタイル敷きだけになった。タイル屋さん、いつ来てくれるのやらw
自分の家で好きな時間に風呂へ入れるというのは素晴らしい事ですな。

僕が初めて部屋探しをした頃は、まだ風呂無しと風呂付の部屋が半々ぐらいだった。
車には一部の高級車しかクーラー(エアコンじゃないぞ)が付いていなかったし、
駅の改札口横には伝言を書く掲示板が置かれていた。
雨が降れば公衆電話には長い行列が連なり、
120分のカセットテープは巻き戻すのに時間がかかった。

パーソナル・コンピューターとインターネットが多くのものを便利に変えた。
僕もその便利に日毎首までどっぷりと浸かっている。
けれどデジタルな世界が供するその便利は、
寒い雨の夜に出かけていた銭湯が家の風呂に変わったのとは意味が違うと思う。
僕は便利と堕落は今や同義語じゃないのか? と思いながら、
今夜もヤフオクで何かを探している。

20150304_165.jpg

何ヶ月か毎にふと、
ネコのように生きてみたいと思う時がある。
次に生まれてくる時はネコになろうと思う時がある。
でもきっと無理だから、風呂上りにネコを眺めて我慢する。




SKIN:Babyish-