title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

Twitterから流れてきた。

20150118_001.jpg

ネコ顔認識カメラや体重計が合体した自動エサやり機「BISTRO」は、
スマホから愛猫の食事風景や体重変化が見られるハイテクネコ管理ツール


本家のサイト
http://42ark.com/

僕がこの種のものに対して概ね懐疑的というか否定的なのは、
ニャンコやワンコに対する一番根っこの部分に愛の欠落を感じるからだと思う。
暴言を承知で言うと、こんなものを買って満足や気休めを得ようと思うぐらいなら、
初めからニャンコやワンコと暮らそうなどとは思わないことだ。

毎日決まった時間に帰宅出来ない仕事をしていたり、時には家へ帰れない仕事だったり、
あるいは買い物や食事へ出るのが何よりの楽しみだったり、もしくは黄金週間や年末年始
には海外旅行へ行くのが無上の喜びだったりするような人は、猫や犬と暮らすのは諦めた
方がイイと僕は思う。
それが思慮であり、理性であり、教養や品格なのだと思えてならない。

カメラとWi-fiとスマホで出先からニャンコの様子を見られるとか、どれだけ餌と水を摂取した
のか確かめられるとか、そういう機能にいったいどんな意味があるのか僕には分からん。
そもそも公園で下の写真のような真似をしている暇があったらさっさと家に帰ってやれw
なんだこのバカヤローどもは。

20150117_s12.jpg

僕はこういったものに対峙する度思うのだが、だったら人間の子供用にも同じものを
作れば売れるんじゃないか? 時間になったら冷めたカレーライスが出てきて、どれだけ
食ったかカメラで出先から見られるマシンを作れば、パチンコしながらでも家にいる子供の
様子を確認出来て便利だぞ (´・_・`)

つまり、こんなものを買う人間は子供に対してもネコに対しても、自分の欲望や快楽以上の
愛は持ち合わせていないように思えてならない。
憎まれ口を利くつもりはないんだが、どうもこの手のものは好かんのだよ。




SKIN:Babyish-