title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

メダカを飼うのに鉢の底へ田んぼの土を入れるというのは、
実をいうと大変贅沢な話のようだ。農薬を使った田んぼの土じゃ駄目ならしい。
しかし今時無農薬の田んぼなんて相当な酔狂者がやっている田んぼでなきゃあり得んだろ?
じゃあどうするのだ? とネットを徘徊したら園芸用の赤玉土を使うんだそうな。
んでカインズホームへ行って買ってきた。14Lの大きな袋でしめて248円也。

20141103_031.jpg

これを鉢というか壺というか甕の中へバラバラと入れて、その上から庭へ積もっている
桜の落ち葉をてんこ盛りに突っ込む。そのまた上へ赤玉土を被せてからおもむろに
水をぶっこむ訳です。
このまま放っておけばやがて土が沈殿して濁りはなくなる。

20141103_025.jpg

一歩下がって考えてみれば全然難しい話じゃない。
要するに昔はそこいら中にあった雑木林の中の貯水槽だの、田んぼの隅っこだの、
子供らがザリガニを獲る水溜りに毛が生えたような池だのを再現すればいい訳だ。
土と落ち葉が底に溜まっている小汚い水辺を想像すればいい。

20141103_027.jpg

こんな場所に置いてあるから雨が降れば木の葉から滴がほどよく落ちるだろう。
大雨が降ればあふれて流れ出すかも知れない。
だけど雑木林の中の池は雨を拒んだりはしないだろうから、
溢れたけりゃいくらでも溢れさせておけばいいのだ。
なんと潔い放置飼育だろうかw

このまま数日置いておけば水道水のカルキも抜けて、
土と葉っぱからほどよく栄養が溶け出してくるんじゃないですかね。
その頃になったらどこかでメダカとホテイアオイでも仕入れてきて、
新しい家族を増やしてみるか、という計画開始。




SKIN:Babyish-