title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

国東を離れてたった三週間の間に、国東の夢を何度も見た。
あそこにいる間は一度も見た事なんて無かったのにな。
きっと僕が出て行きたかったのはあの土地ではなく、
或る人間関係のようなものだったのに違いない。
だからあの土地にはなんの罪もないのだと思う。

そしてネコたちにとって。
とりわけくつしたにとっては不本意極まりない引っ越しだったのだろうが、
実は今回の引っ越しで一番恩恵に浴したのは意外にも放浪児のぷーだったか知れない。
二部屋しかない間借り住居から部屋数の多い家へ移れば、
ネコ嫌いのぷーにも安住の場が出来るんじゃないか? と期待してはいたのだが、
その期待通り人間の寝室に割り当てた二階が「ぷーの部屋」になった。

20141031_2311.jpg

他のネコにちょっかいを出されることもなく日がな一日寝ていられる場所。
ぷーはメシを食い終えるとトントントンと二階へ上がっていく。
そしてでかい窓から燦々と陽を浴びながら極上の独りぼっちを満喫している。
たまに上へ上がって頭や体を撫でてやると、ゴロゴロと嬉しそうに喉を鳴らす。
こういう場所さえあればあの放浪癖もどこかへ失せるのだな。
この頃は顔つきや声まで穏やかに変わってきた。
僕は太陽と北風の話を思い出しながら、ぷーの寝姿を見て満足している。

20141031_4309.jpg

築37年の家の庭には、たぶん樹齢37年以上の枝垂桜がある。
高さは恐らく12メートル以上。我が家のシンボルツリーだ。
太い幹からほぼ水平に張り出した枝は自然のキャットタワー。
ネコたちを放したらきっとここへ登るだろうなと楽しみにしていたら、
予想通りまんまと登りやがりました。

20141031_4319.jpg

ネットで見ると枝垂桜の葉も綺麗に紅葉するみたいなんだが、
うちのは黄色までで赤には至らずみんな落ちちゃうんだよね。ちと残念。
もう少し冷え込めば赤まで行くんかな?
来年の春、この枝に桃色の花が満開になるのが楽しみです。




SKIN:Babyish-