title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

今朝方、ちーが窓越しにウーッと唸っている。
外を見ると。おっ、くつしたじゃん。
いや、似ているがくつしたじゃない。柄も大きさもそっくりだが別なネコだ。
というような事件があった。
この偽くつした事件が指し示す結果は穏やかではない。

20141015_001.jpg

じゃあ一昨日の明け方に見たのは偽物だったのか?
とすると本物のくつしたは一体どこへ行った?
僕はくつしたが家の近くに潜んでいて、環境の激変にビビって戻れないのだと思っていた。
それなら「自分の家」を自覚しているのだから、空腹が恐怖を凌駕するまで辛抱すれば必ず
戻ってくると安心していたのだ。
ところがあの丑三つ時に見たのが偽くつしただったのなら事態はちとヤバい。
つまりどこかへ出かけたまま新しい家を完全に見失ってしまって帰れない可能性がある。
家の周囲にも自分や兄妹の匂いはついていないし、地理的に辺りは完全無知な状態だ。
しかも初動捜査の遅れから失踪後既に3日近く経っている。
カミさんが憔悴しながら「ネコ探してます」のビラまで作り、ご近所20軒に配った台風一過の
暑い一日。みんな親切な人だったと涙ぐんでおった。
暗くなったら使用済みのネコ砂を家の半径200mぐらいへ撒こうと思い、迷いネコ捜索の
サイトにも幾つか掲載してもらった。

僕は一昨日の未明に聴いたのはくつしたの声だったと思う。
暗がりで似たような柄のネコと見間違えても声と喋り方は聞き間違えないと思う。
もし家の近くに潜んでいるなら昨日は台風で動けなかったとしても、
今日は断食三日目になるのだから一両日中には出て来る筈だ。
それでも出て来ないなら完全失踪だと結論するより他ない。

カミさん消沈の夕刻、「お腹空いたよお」「中に入りたいよお」と家の周りで鳴き声がする。
間違いなく本くつしたw でも窓越しに僕の顔を見ると脱兎の如く猛ダッシュで逃げる。
玄関前で30分ほど甘言の限りを尽くして臆病者を騙くらかし、ようやく手で触れる所まで
近づかせた。もう完全にお婆ちゃんを騙すリフォーム詐欺会社の営業になった気分。
それから更に10分ほど執拗に撫で回してから隙を見て抱き上げ、
素早くドアを閉めて犯人確保。
本人は半パニックで押し入れに駆け込んだけれどこれで一件落着。

20141015_002.jpg

荷物もおおかた片付き、
これで人間二人とネコ6匹揃った。
関係各方面の方々。そしてご近所の親切な方々。
ご心配かけました。




SKIN:Babyish-