title02.jpg

ぶらりごろりぱくり



二日目の夜がやって来た。

ビビって押し入れに隠れていたくつした。
空腹に耐えかねたのか抜き足差し足。
もうあの山へは帰れんのだぞ。
虫の声しか聴こえない静かさは同じでも、
窓の外はお前たちの知らない世界なんだ。
転入届けを役所に出したから今日付けで晴れて静岡県人。
三年間お世話になった大分のみどり牛乳から、
今度は駿河の名品丹那牛乳へ。

六匹がんばりました。




SKIN:Babyish-