title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

今日から僕とカミさんの大分暮らしは四年目に入る。
三年前の昨日、僕は四国の佐多岬半島からフェリーに乗って、
でっかいヤマハのバイクでこの土地へとやって来たのだ。
今朝、コンビニへ自動車税の支払いに行ったら八王子ナンバーのVFRが
停まっていて、そのむさ苦しそうな長髪のバイク乗りに僕は三年前の
自分を思い出した。
あ、そう言えば今日から四年目じゃん? ってね。

20140519_049.jpg

コーヒーを買って帰り道に一服する展望公園の駐車場は、
その年の秋に四匹の子猫が捨てられていた場所だ。
ここへ住み始めて出会ったお前たちも三歳になった。
運とか、縁とか、そういうものがこの世にあって、
三年前の或る日に何かが少しでも違っていれば、
お前たちと会う事はなかったのかも知れんよ。
毎日もっと高価な食事を与えてくれる人がお前たちを拾ったかも知れないし、
まだ子猫だったお前たちは冬の寒さで野たれ死んだかも知れん。
あんなにちょこまか小さかったのに今じゃ六匹合わせて28kg。
その28キロという重さのせいで引っ越し先は二転三転。

20140519_563.jpg

それでもいつかこの山をみんなで降りる日が来るだろう。
いいか? 世界はこの山だけじゃないんだぞ。
この空のずっとずっと向こうには、
まだお前らの知らない世界が拡がっているんだぞ。
運とか、縁とか、そういうものがこの世にはあるんだ。

20140519_355.jpg

Joan Baez - The Green Green Grass Of Home




SKIN:Babyish-