title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

今日は気温だけじゃなくて陽射しまで春っぽかった。

20140316_833.jpg

三寒四温を繰り返して桜まであと少しなんだろうな。
桜と入れ替わりにホトトギスの声を聴くと、
僕は一年経ってしまったなあと神妙な気持ちになる。
三年前の五月半ば過ぎ、東京から六日かけてバイクでここまでやって来て、
「ああ、明日からここで暮らすのか」
と、引っ越し業者が放り込んだ荷物の中で思った。
机と椅子を置いて自分の居場所を作り、
窓の外をボケーっと眺めていたらどこかでホトトギスの声がした。
あれが最初に聴いた山の中の音だ。
だから毎年初めてホトトギスの声を耳にする度、
僕はまた一年が経ってしまったかと思う。

20140316_049.jpg

梅雨明けにはヒメオオギスイセンが道端に咲く。
ヒグラシの声が聞こえ始める。
鈴虫が鳴き、秋アザミと彼岸花が咲き、稲刈りが終わって雪が降る。
その一つ一つと対峙する度に、
来年の今頃はどこにいるだろうと思い続けている。

20140316_867.jpg

この土地を出ていくからには一番いい形で出なきゃな。
だから準備を整えて機会を待つのだ。
ネコたちよ。
この景色を覚えておけよ。

20140316_911.jpg




SKIN:Babyish-