title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

ネコの世界にもいじめっ子といじめられっ子がいておかしくはないが、
うちにいる六匹はおおむね仲が良い、というか悪くはない。
けれど一番チビのしましまが何故かぷーを目の敵して、
眼が合えばウーとかシャーとか始めるし、時には追い回したりする時もある。
他のネコたちもぷーに対してはちょっかいを出す事が多く、
それが嫌なのかどうか分からんが、ぷーはいきおい家を出て行ってしまうのだ。
で、ぷーは所謂いじめられっ子なのかと考えていたんだが昨日のこと。
我が家では一番おとなしい「くつした」がぷーの後を激しく追いかけて家へ駈け込んで来た。
家の中でもしつこく後ろを追い回すんで、僕はくつしたを掴んで外へ放り出したのだ。
そしたら今度は「ひでじ」がぷーに因縁をつけ始めた。

先日、我が家と似た環境でネコと暮らしている人のブログを読んでいたら、
外から帰ったネコを他のネコが激しく威嚇し始めた、という話を眼にした。
その人も理由が分からずアレコレ考えたらしい。
んで、ひょっとすると外で余所のネコの匂いを付けて来たんじゃないか?
と疑って威嚇されているネコを風呂場でジャバジャバ洗ってみたらアラ不思議。
何事も無かったようにいじめられなくなったんだらしい。

ぷーはいつも書いている通り他のネコとは比較にならんほど遠出をするし、
故に外出時間も飛び抜けて長い。
ここいらの山には野生動物がいろいろいる訳で、例えばイノシシとかアナグマみたいな
大型哺乳類もいたりする。もしかするとそういう匂いがぷーの身体に付いていて、
それを嫌悪したほかのネコが過敏に反応するんじゃないか? と考えた。

カミさんが隣家(これからそう呼ぶ事にした)からペット用のウェットティッシュを持って
来たんで、試しにそれでぷーの全身を執拗に拭いてみたのだ。
拭いてしばらくしたら「しましま」がやって来て、水を飲んでいるぷーの身体を念入りに
匂い嗅ぎし始めた。いつもならウーってのが始まるのに、その時は一切反応せず。
コレってもしかするとビンゴなんじゃねえの?

20121218_018.jpg

ウエットティッシュと一緒に写ってるバイオチャレンジってのは、外人が聞いたら腰抜かし
そうなネーミングだが、小動物飼育環境浄化剤という日本語でも怪しげな名前のついた
製品だ。これは一年前に我が家でカリシウイルスがパンデミックを起こした時に買った。
しばらくは帰宅後のぷーをゴシゴシ拭いてみようと思うのであった。
猫って匂いを敵味方の判断基準にしていたのですね。すごい発見ですね!
ぷーがいじめられなくなってよかったです^_^
自分もどちらかというといじめられ易いので、何か匂いがついてるのかも?(笑)
マト [] EDIT
マトさん苛められやすいんですかw

ぷーが目印も無い山の中を何百メートルもほっつき歩いて、
それでも迷わずに帰って来るのは自分の匂いを道標にしてるんだと思うんですよ。
一緒に散歩してても道端の匂い嗅ぎまくってるし。

そう言えばネコって味覚よりも嗅覚で食べ物を識別するそうです。
人間もイイ匂いの消しゴムとか嗅いでると、思わず食べちゃうことありますよね?
あ、ほんとに食っちゃうのは俺だけか。
EL [] EDIT




SKIN:Babyish-