title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

東京から来た友達と会って来た。
仕事で来ただけだから二時間ばかり一緒に飯を食っただけ。
でも東京の人間には切れがあるよな。
話すスピードや語彙が全然違う。清々しいくらいに違う。
視点というか座標が違う。こうあるべきだよなと感心するぐらい違う。

二時間みっちり話しても草刈りとか、畑とか、町おこしとかなんていう、
僕にはなんの興味も無い言葉は一つとして出て来ない気持ちよさ。
だけど彼にしてみれば、僕の返す言葉は切れも何もない、
草むらに落ちている鹿の糞の如き濁って澱んだものだったのか知れん。
毎日毎日なんの刺激も無い日々。
一時間歩いても誰にも会わない生活。
そりゃあ刃も錆びるだろう。
そりゃあ油も切れるだろう。

あとどれだけ耐えられるんでしょうか?
そろそろ限界ですな。
こんばんは。
久しぶりに投稿しますが、毎回欠かさず読んでます。

この話題の時、いつも「自分がその境遇に置かれたらどうなるだろう?」と考えさせられます。

私なんかは逆に、東京でのこのペースに晒され続けていると、自分の身の丈に合ったもう少し余裕のある生活(仕事)の方がいいな、と思ったりしてしまいます。
着いていけない、落ちこぼれるのが怖い、のようなプレッシャーに内心負けそうになる時もあります。

でも、ELさんような境遇に置かれたら、同じ様に東京でのこの生活に戻りたいと思うのかもしれません。

すみません、何のオチもない単なる感想です…。

いちまる [] EDIT
こんばんは。

もう近頃じゃあんまり口にしなくなったのは、言葉にするとただの愚痴にしかならないから。
東京に住むっていうのはいろんな意味で過酷だと思いますよ。いろんな意味で。
だけどその緊張感が心地良い人もいるし、反対にド田舎の骨無しな生活が性に合う人もいる。
どっちがいいかは人それぞれだと思うんですよ。
本当に人それぞれ。
だから周りの人の意見や忠告なんて何一つ信用出来ない。

じっと自分の境遇を見つめ直して、一つ一つの是非を検証し直して、
ああやっぱり自分にゃここは合わないんだな? と思ったら居場所を変えればいい。
だけど生活を支えるお金=収入=仕事っていう要素が足に絡みつくから、
行動を起こすには勇気と慎重さが要ると思います。自戒の意味を込めてですがw

でも一つだけ。
無欲になってみるという精神的な試みは、なんとなく流されているぬるま湯のような
生活を変えるきっかけになる気もします。
これでいいのかなあ? って不安や、今の生活を捨てたら厳しく苦しくなるよなあ?
って懸念に対し、無欲である事は結構強力な免疫になりますよ。
生活を変えた事で一時的にグラフの線が落ち込んでも、長いスパンで見れば確実に
上昇していくんじゃないか? と思えたりしてます。

楽あれば苦あり。失敗は成功のもと。
ネットで完璧に調べ上げた旅程で、何一つトラブルの無い旅なんてつまらないですよ。
いや、負け惜しみじゃなく・・・。
EL [] EDIT




SKIN:Babyish-