title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

今年のル・マン24時間は記念すべき90回目だそうな。

とは言っても参加しているメーカーがしょぼ過ぎ。
アウディvsトヨタ対決とか持ち上げても僕はどっちも好きじゃないから興味が薄いぞ。
ポルシェやフォードやフェラーリがワークス参加していた頃は豪華だったなあ。
英車好きの僕が応援するアストンマーチンは今回もGTクラスのみの参加。
ガルフカラーのP1クラスマシンはもう戻って来ないのかな。
ポルシェもフェラーリもみんなプライベートのGTクラスのみだわ。

スタート直後に事故ったアストンのドライバーが死亡したらしい、と今朝のニュースで
報じられていて、アストンのオフィシャルサイトへ行ったら弔辞のメッセージのみが貼られ
ていた。リンクは一切ぶった切られてこのページ以外どこへも進めない。

20130623_aston.png

モータースポーツは常に人命を伴った事故を内包しているけれど、最高峰の技術を
持ったドライバーを、最高峰の技術で保護しても万全であり得ないのはアイルトン・セナが
教えてくれた現実だ。

20130623_aston02.jpg

で、僕はいつもこういう最高峰の舞台で行われるレースやラリーのエントリーリストを
見ていて思うんだが、韓国なんて国の自動車メーカーが幾ら販売台数を伸ばした所で、
こういった舞台には決して出て来られるような器ではないということ。
たとえばクルマの開発に関わるJUDDやLOLAみたいな小企業にすら、技術的には遠く
及ばないだろうという気がする。ちょっと言葉は悪いが一言言ってしまおう。

ざまあみろ。 ヽ( ‘ ・ω・´)ノ

残り12時間を切った時点でトップのアウディと2位トヨタの差は1LAP。
アウディはピットイン17回でトヨタ15回。こりゃワントラブルで逆転だよな。

HondaはF1への復帰を決めた。
マツダよ、ポルシェよ、ジャガーよ、ル・マンへ帰って来てください。




SKIN:Babyish-