title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

引っ越そうかな? と考え始めた。
住む場所に関してはこの二年間ずっと考え続けてきた問題だけれど、
どこにどう住むかという具体的な前向き案よりも、
もうこれ以上今の家に住み続けるのは良くないんじゃないか? と思ったから。
それは僕よりも寧ろカミさんにとって良くないと思うのだ。
先日、もう二十年以上イギリスに住んでいるカミさんの従姉が泊まりにやって来て、
その彼女は思った事や自分の意見を大変ストレートに言う人だった。
ズケズケものを言う性格ではなく清々しいほどに素直なのだと思う。
で、その彼女の眼にやはりカミさんの実家家族さんは相当異常に映ったらしい。
ああいう第三者から発せられる忌憚のない意見を改めて聞くと、
ともかくこの家から一旦出て、その後の事はそれから考えるべきだと思わされる。

もちろん東京、あるいは関東に戻りたいという気持ちは僕の中に今も強くある。
でもそれを実行する前にともかく現状を改善しないとヤバいんじゃないの?
というかんじ。
東京だのなんだのとほざく前に夫婦二人の生活を取り戻す方が先なのだな。
この家を出る理由をいちいち論うつもりはない。
そんな不愉快な話は誰だって聞きたかないだろうしね。

で、どこへ引っ越すんだよ? という現実問題なのだが、
別に終の棲家を探す訳じゃないから場所についちゃそれほど拘りはない。
実際の話、実家家族さんと離れて暮らせるのなら、うちから300m離れた
展望公園へ行く途中に空き家になった隣家があるんだがそこだって構わんのだ。
ただし貸してくれればだけどね。
大分の不動産情報を見ていたら別府の山のてっぺんに安い家があって、
多分地元の人じゃそんな不便な山の上なんかにゃ住まないから安いんだろう。
でも写真を見るとなかなかよさげだし、Google Earthで場所を探してみると
高い所が好きな馬鹿と煙が住むにゃ良さそうな所だった。
今度カミさんと見に行ってみようと話しております。

ここへ来て一年十か月。
そろそろ限界なのかもな。
僕は自分の生存証明にこのブログを書いてるんで、
関係各方面の人には逐次報告しますよ。




SKIN:Babyish-