title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

しまにーが行方不明になった時カミさんの心配度が尋常じゃなかったんで、
ネコ探索システムをあれこれと考えてみた。
一番確実なのは一匹ずつ発信機を付けてUHF電波とかで追尾する方法だが、
発信機が1台2万円とか3万円もするんで6匹につけたら破産するから却下 (T_T)
次はもう少し安価な方法でココセコムのGPSを使った追尾システム。
必要経費としてはギリギリ現実的かもしれないけれど、ネコにつける専用端末の
大きさが非現実的。79mm(縦)×43mm(横)×18.2mm(厚)、重さ約48gじゃほとんど
携帯電話と同じ大きさだからな。大型犬用でしょ?
体重4㎏のネコが首から48gの機械をぶら下げてる状態ってのは、体重60kgの人が
600g余りのものを首にかけてるのと同じだからね。
となるとリアルタイムで追尾するのは経済的にも物理的にも無理な訳だ。

ネコ追跡用のロケーターなる商品がネットに出回ってる。
簡易的な発信機を付けて簡易的な受信機でその電波を拾うってシステム。
位置の特定は出来ないけれど受信範囲内にいれば親機が反応するという、
言ってみれば金属探知機みたいなもんだ。
親機とタグ(ネコにつける子機)2台で12600円。子機は4台まで設定可能。
うちは6匹いるから2セット買わなきゃいかん。
しかしこれもまるで使い物にならんと思う。
なんせ受信距離が最長で120mしかない。障害物があると10mとか話にならん。
市街地で道路が入り組んでいる場所ならともかく野山じゃ120mも10m論外。
依ってこれも却下。

となると以前にも考えたように結局消極的対策としてGPSをネコに付け、
日頃の行動範囲を把握して失踪したらそのデータを元に行き先を「推測」する
しかない。うーむ、これはかなり消極的だ。
しかし最も現実的な方法としてはやっぱりコレしかないと思う。
以前買おうかと思ったMobile Action Technology製のGT-120。

20120711_120.jpg

これよりもさらに小さいSAN JOSE TECHNOLOGY製のML-7というのがあった。

20121103_ML-7.jpg

性能はGT-120の方が全然上手だし実売価格もML-7の半額。
普通に考えればGT-120で決まりなんだけど小ささってのは大事だよな。
重さは両者ほとんど変わらないから紙で実寸の模型を作ってネコに付けてみるか。
いっそ家の周りを網で囲えば問題ないんだがそれじゃ趣旨から外れるし・・・。
ネコが突然いなくなる。
小さい時から家で育てられた猫なら滅多にない事でしょうけど、もとが野良猫で
自由に遊べるエリアがある場合はふと、2,3日、時には1週間もいなくなることがあります。そして思わぬ場所で出会うこともあります。と言ってもそんなに離れているわけではありませんが。

こう云うのも私も野良猫の世話をしたことがありその時は8匹の家族でした。
オスの一匹だけ残してすべて避妊と去勢手術をさせましたがそのオス一匹だけは
いなくなる事が多くなりとうとういなくなりました。メスを求めての事でしょう。
避妊手術した猫にはオスは異性として興味を持たないようです。
聞くところによると手術をすると性的ストレスが無いために健康になるとか。

手術されている猫ならフトいなくなってもきっと帰ってきますよ。
ご心配なく。
唄う風 [] EDIT
はじめまして、唄う風さん。

不妊手術はしてあるし、僕の家は近くに餌を貰えるような人家が全く無い山の中
ですから、クルマに轢かれでもしない限りは戻って来ると思ってました。
今まで数十年ずっと室内飼いでネコと暮らして来ましたから、人間の方の耐性が
出来ていなかったんですね。

うちにいる六匹のうち四匹は近くの山に捨てられていた子たち。
残りの二匹は一年ほど外で世話をした元野良です。
今では全員が家の中で寝て外で遊ぶ生活に馴染んでくれました。
彼らの行動を制限するよりも、人間の方がネコの気まぐれに慣れなくちゃな?
と思い始めております。

経験のある方に「だいじょうぶ、戻って来るよ」と言われると心強いですね。
自分を励ます根拠になります。
気にかけていただき、ありがとうございました。
EL [] EDIT




SKIN:Babyish-