title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

先日大分市内まで買い物へ行った帰りに別府のタイ料理屋に寄った。
普通この手の料理屋には入国の違法合法を問わず現地の料理人がいるもんで、
日本人の作るインド料理やタイ料理なんてのを僕はハナから信用していない。
でも別府の店は日本の人が一人で切り盛りしているんだがおいしかったです。

別にタイ人の作るタイ料理が常に日本人の作るタイ料理を凌駕する訳ではなく、
最後に優劣を決めるのは料理人の持っているセンスなんだと僕は思う。
全く同じ料理を作ってもそのコックが今までに自ら食した食べ物の量=勉強量が
一線を画すんだろうなあ。だから僕は太ってない料理人を信用出来ない。

もし日本人の作るタイ料理がタイ人のそれに勝てない部分があるとしたら、
それは多分タイ独特の「マイペンラーイ」な部分だけのような気がする。
あのイイカゲンさが醸し出す、粗野とか生粋という言葉で指し示されるような味は、
きっと実直で繊細な日本人には作り出せないんだろうな。
だから別府のお店も実に角の取れた上品な味をしてた。
そもそもきちんとした料理人の作る料理と、バケツの水で皿を洗う屋台を同列に語る
事自体に無理がある訳で、ちゃんとしたレストランではちゃんとしたものが出されるのは
当然の事なのだ。
あの店、また行こうっと。

というわけで昨夜はこれを家で作った。

20121029_068.jpg

日本がいつの日か沈没してしまったら、僕が行くのはタイしかない。
沈没しなくても、僕はタイに住みたい気持ちは今もある。
食い物が肌に合わない土地で長旅は出来ない。
つまりそれは、食い物が肌に合わない土地には住めないという事を意味している。
僕が昨夜ガバオを食って、舌の先を辛さでビリビリさせながら考えた事は、
同じ食い物を扱うのになまじ食習慣の違う国内の土地よりも、
いっそ何もかもが違うタイの方が愚痴や憤慨も影を潜めるだろうという事でした。




SKIN:Babyish-