title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

あーあ、ハードディスクにケチついちゃった。
朝起きたらコレだよ (T_T)

20120723_139.jpg

僕のパソコンには1.5テラバイトなんちゅうでかいHDDが付いてる。
別に好きで付けた訳じゃなくて買ったらそれが付いてたんだよね。
でも実際に使ってるのは50GBだけ。
テレビの録画とかする人じゃなけりゃ要らんでしょ? 1.5TBなんて。
データが沢山入ってイイですよとか言われそうだけど、
なんでもかんでも詰め込んでたら壊れた時の損失もでかくなるじゃん?
肌身離さず全財産持ち歩いてる人とかいないでしょ? という感じ。
しかも不必要にでかいからスキャンディスクとか半端ないほど時間がかかる。
その間はノートを引っ張り出して使っているのだ。

20120723_137.jpg

この前サーバに使おうと思ってサイズが足りずにお蔵入りになったHDDがあるです。
容量は80GBでちょうどいいサイズ。
それを使おうかと思うんだが、環境をそっくり移行させてくれる引越しソフトってのは
コピー先のドライブがコピー元と同じかそれ以上のサイズじゃないと使えんのだな。
だったらドライブのサイズを変えるソフトで1.5TBを80GB以下に圧縮すればいいのか
知れんが、HDDに不良クラスタとかがあるとそれも出来ないのだ。
つまり八方塞。
一番確実なのは再インストールだけどコレがまた面倒。
とかなんとか面倒臭がってると被害が広がって余計に大変な事になる。
経験者だから分かるですよ。

しかしいつもの事だけれど「修理」ってのは不毛な作業だと思う。
だってどんなに頑張ったって成果の値はゼロ座標に戻るだけだもんね。
もっともそれが趣味の類なら話は別なんだろうけれど、
パソコン治すのなんてトイレとか水道の蛇口を治すのとおんなじで、
治すこと自体には喜びも楽しみもないし、治ったからといって達成感も無い。
治さないと困るから治すだけという実も蓋も無い話だわな。

こういう時は何かおいしいものが食べたくなる。
ケーキとか、プリンとか、心に潤いを与えるようなものプリーズ。




SKIN:Babyish-