title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

昨年はいつだったろう? と思って読み返してみた。
何がかというと初めてヒグラシの声を聞いた日。
昨年は7月3日だった。
今年は一昨々日の明け方に聞こえたから二日早いって事です。

今までに聞いたことのある地球上にいる虫の声の中で、
僕はヒグラシの声が一番好きかも知れない。
大体において動物とか昆虫とかの声は下品でえげつないと思う。
鶯とか、ホトトギスとか、鈴虫とか、僕にとってはただただ耳障りなだけ。
そもそも子孫繁栄のために鳴くらしいからえげつないのは許すとしても、
躾の悪い犬が我侭にまかせて叫び狂うのは勘弁してもらいたい。

ヒグラシの声は儚げでいい。
夜明け前と夕暮れにしか鳴かないのもいい。
あとは天空を切る鳶の声も好きかな?
鳶の舞う遥か足元では上州新田郡三日月村の木枯し紋次郎が、
今日も無宿渡世の旅をしている気がするぞ。

20120704_001.jpg

こうして毎日毎日が一年経ったことを思い知せてくれる。
数日前には道端にヒメオオギスイセンを見つけた。
これもまた一年経った証。
僕はもう外へ出るときもカメラを持って行かなくなった。
だって全てが一年前と同じだからね。
同じものを見ても驚きや喜びが僕にはあまりないから。

上條恒彦 - だれかが風の中で




まとめtyaiました【くづれる家のひそかにくづれるひぐらし】 - 2012.07.06 Fri 00:15

昨年はいつだったろう? と思って読み返してみた。何がかというと初めてヒグラシの声を聞いた日。昨年は7月3日だった。今年は一昨々日の明け方に聞こえたから二日早いっ
SKIN:Babyish-