title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

昨日みたいに風も無いし、しましまに引っ掻かれた深傷も治ってきたからバイクに乗った。
この辺りは里山っていうのか丘に毛が生えたぐらいの山しかない土地。
だから山に向かって体感温度がぐんぐん下がるのを感じながら高度を上げる、
なんていう道はまったく無いです。どこへ行ってもポケーッとした長閑な景色ばかり。
というか自分の家の周りとおんなじ。

釣りをする人の楽しみってのは「何か」を釣る目的の達成なんでしょうか?
それとも「なんでも」釣れればそれでいいんでしょうか?
今日は鯛を釣りに行くぞ! と意気込んで出かけた日にアジだの金魚だのが釣れても
釣り人たちは嬉しくないもんなのかな? 僕には分からん。
というのも僕は目的の無いツーリングとかドライブは面白くない。
よく「流す」って言葉を使うけれど、そういう事に喜びを見出せないんだな。

丘に毛の生えた山に登って別府湾と、その向こうの佐賀関半島を眺めた。
それから海岸線まで降りて海沿いを走った。
ぐるっと廻って100kmちょっと。

20120505_068.jpg

バイクを沢山見かけた。バイクは今がまさに旬だ。
こんな気候だったらどこまでだって走れる気がする。
どこまでも行ける気はするけど行きたい所もないんだよな (T_T)
オレってどこに行きたいかなあ? と考えてみると別府の大衆食堂ぐらいしかない。
明日行っても連休で休みだろうし。牛丼でも食いに行くか。

20120505_074.jpg

帰って来て、友達が高遠へ行って来たって報告を目にした。
毎年今頃の季節には必ず行ってたっけ。高遠。伊那谷。
ジョン・レノンは東京にはニューヨークが無いとか言ってたけど、
九州に3000m級の稜線は無いわな。




SKIN:Babyish-