title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

連休や夏休みになると道にツーリングのバイク乗りや他県ナンバーのクルマが増えます。
今までずっと山や海や高原へ「行く側」の人間だったので「来られる側」になってみると、
いったいこんな所へ来て何が楽しいんかいな? と五分の四ぐらいは呆れたりしてる。
僕は全国津々浦々を知り尽くしている訳じゃないけれど、
せっかくの休みに金と時間を使って足を運ぶなら他にもっとイイ所が幾らでもあるのにな、
と心の底から思うけれど、まあ、余計なお世話だな。他人は他人、僕は僕。

今日はしましまをお腹の抜糸に連れて行った。
抜糸はうちの「ちー」や「ぷー」の時でさえ三人がかりで押さえつけてなんとか終わらせた。
しましまがいくら馴れているとはいえまだまだ外ネコ。
今日は祝日で助手の人も休みなんで麻酔をかけてやる事にしました。
でもしましまは身体が小さいし、手術をするほどの大仕事でもないから強い麻酔はなし。
まず鎮静剤で動きを緩慢にしてから吸入麻酔で眠らせるんですな。
鎮静剤の注射が効いてくるのに20分ぐらい。そのあとマスクを口に押し当てられて、
麻酔が作用するのに約5分。眠ったら抜糸自体はほんの3分。

20120503_271.jpg

なんだかね、怖い思いばかりさせるんでつらくてしょうがない。
「お前のためなんだ」と言い切ることも出来ずに心臓を握り潰されるような気がするよ。
でももうこれでオシマイ。
あとは少しずつ家の中と四匹の先住ネコに慣れてくれればいいです。

20120503_025.jpg

毎朝2時間か3時間ぐらい座敷牢から出して部屋の中を歩き回らせてる。
最後は机の下や隅っこへ隠れちゃうんだけどね。
くつしたが家の中にいるなんて、それはそれでちょっと感慨深い。
僕はもうくつしたとしましまに一年近くゴハンを運び続けてきた。
雨の日も台風の日も吹雪の日も朝晩二回出前をした。
でも、彼らが眠っている姿は初めて見たよ。
座敷牢の中で二匹が団子になってスヤスヤ寝てるのを見ながら、
友達になれたとは思っても、こいつらの事なんてなんも知らなかった自分に気づいた。
この先どうなるのか楽しみでもあり不安でもある。

20120503_035.jpg

窓の外は数日前まで駆け回っていた景色。
やっぱり、戻りたいよな?




SKIN:Babyish-