title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

20120423_107.jpg

一雨ごとに凄まじい勢いで緑が増えてきてます。
山や道の両側がどんどん緑になっていく。
もう今週末は黄金週間。
今年は曜日の並びが良くて5月の1日と2日を休みにすれば9連休。
休みにしなくても三連休と四連休が保証されてる貴重な年です。

20120418_cal.png

が、
うちの地区だか集落だか班というのかは三連休の中日に草刈りなんだそうな。
僕は別に勤め人じゃないし、普段からほとんど出かけない人なんでどうでもいいけど、
何もよりによってそんな日に草刈りやることもなかろうになあ、と思います。
いったい誰がその日にやろうと言い出したのか、反対する人はいなかったのか。
都会の人間や生活は薄情だなんて事が言われたりするけれど、
それは都会に住んだことのない人の妄想だと僕は思う。

思いやり、という行為や考え方は本来合理的なものに見える。
合理的というと、どこか無駄を省いた冷徹な生産性みたいなものが思い起こされるけど、
真の意味で「理に適った条件の提示」は人々の決定や行動に猶予と選択の余白を残す。
でも不合理な条件の提示と強要は、ただただ人へ屈服を強いるばかりです。
連休の真ん中に草刈りやったって僕は迷惑じゃないけれど、
普通なら連休の前とか後にやるもんじゃないんか? 普通に考えれば。

今日はですね、毎月22日発売の雑誌を買いに行ったら明日の入荷だって言われた。
僕は雑誌なんて滅多に買わないんだが、東京じゃ20日の金曜に売られていたそうです。
22日が日曜だから前倒しで金曜発売だったんだろうなあ。
せめて翌日の土曜ならあるかと思ったけど駄目だった。
んで、今日は別府まで行ってみたけどやっぱり明日の入荷だそうです (T_T)
今でさえこうなんだから昔はいったい何日遅れていたんだろう? と考えてしまった。
もはやそれに対して怒ったりする気も失せてしまった僕ですが、
どんなにネットが云々と言ってもネットに開示されていないものを入手するには、
厳然たる現実としてこれだけの時間的ハンデを負わされている訳だよな。
僕みたいな枯れススキはともかく、若い世代の人たちにとってこのハンでは大きい。
というか初めからAmazonで買えばよかったんだよね。
うちはプレミアム会員だから追加料金なしでお急ぎ便になるんだから、
金曜発売の本なら土曜中には手に入ってたはず。
やっぱりネットがなかったら田舎じゃ生きて行けんよなあ、と思いました。
田舎じゃ車が必要不可欠とか言うけれどクルマよりネットです。

散歩してたらヘビに遭遇。にょろにょろにょろ。これが健全な田舎の姿。

20120423_106.jpg




SKIN:Babyish-