title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

0001.png 僕がここへ越して来たのは昨年の五月末。

それからひと月ちょっと経った七月初めにうちの庭へ五匹のネコがやって来た。
仔猫のしましま、くつした。その母親のエリカ。そしてクロ。
んでもう一匹は「ブチ」

このブチは他の四匹とは比べ物にならないぐらい警戒心が強いんだが、
義兄が養鶏場の周りのネズミを獲らせる為に餌をやっているんだと分かった。
だからそっちで食い物が足りている時はうちの庭へは来ない。
僕は毎朝毎夕、庭の四匹に食事を出して仲良くなった。
でもブチは義兄の「担当」だと勝手に決めてキャットフードは与えていない。
このブチってのが実に性悪な雌で、所謂「ズベ公」とか「ビッチ」なやつだ。
ともかく子供をボカスカ産むくせにちゃんと育てないらしいのだ。
産んだら産みっ放しだからいつも仔猫は全滅。それを毎年繰り返してきたそうな。
昨年生まれた仔猫はあろう事かクロが面倒みていたのだという。
だけどクロも母乳が出なかったようで結局仔猫は死んでしまったようです。
んで、カミさんが業を煮やして先月動物病院から捕獲器を借りてきた。

20120223_138.jpg

病院では三月の半ばまでは手術の予約が一杯だと言われていたんで、
彼岸過ぎの今日になって「そろそろ仕掛けるか」と捕獲器を設置したんですな。
昼前にブチが寝床にしている廃車になったワンボックスカーの下へカミさんが置いた。
中にはマタタビの粉を塗りつけた竹輪をぶら下げておいたようです。
僕が夕方見に行ったらまんまと入っていました。
こりゃ、正しい野良猫の捕獲方法って本が書けそうだな。

20120322_115.jpg

まずこいつの不妊手術。
そのうち様子を見ながらエリカとしましまとくつした。
それだけ終わればここいらでネコが増える事はなくなるはず。
ただし誰も捨てに来なければの話だがな。

しましま、お前もそのうち手術だぞ。
麻酔で眠ってる間に終わっちゃうから、そんなに落ち込むな。

20120322_097.jpg




SKIN:Babyish-