title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

僕は大衆食堂が好き。暖簾に「めし」って書いてある食堂が好き。
だからこのブログも大森駅前食堂にしたのだ。

今までに何度か「ぶらりごろりぱくり」ってタイトルなのに、
なんでトップページに大森駅前食堂別館って書いてあるんですか? って聞かれた。
昨年まで住んでいたのが東京の大森だったから、その頃に大森駅前食堂って名前の
ブログを始めたんだが、つまんない理由で一年前ぐらいにブログを引越ししたんですよ。
その時、同じFC2ブログ内での引越しだったから同名のタイトルは使えなかったわけ。
それで適当に「ぶらりごろりぱくり」ってのを二秒くらいで発明して付けた。
自分としては今でも大森駅前食堂が屋号だと思っております。
一回引越ししてるんで「別館」なんだけど (´・ω・`)

で、今日は別府にある大衆食堂に行って来た。
ここはまだ東京にいた頃、九州までバイクで来ると寄ってた所。
その存在すら忘れていたんだけど、この前突然思い出したのだ。
とみや食堂。

20120316_060.jpg

定食はなんでもたいてい500円均一。漬物は数種類食い放題。
ゴハンは大振りの茶碗に半分でも三杯分積み上げても値段は変わらず。
その他カウンターや棚に所狭しと並んだ料理は100~300円。
で、この手の店の常として優しいオバちゃんか威勢のいいオバちゃんがいる。
料理自体は特筆すべき美味さなんかなくても普通の食い物屋じゃ食えないような、
納豆とか塩鯖とか切り干し大根とかヒジキとかの、いわゆる家庭料理が食える。

東京にいた頃もその時その時に住んだ町で贔屓の食堂があった。

麻布十番の「十番食堂」
恵比寿の「こづち」
大井町の「大井町食堂」
中でも恵比寿のこづちは週に四日以上通ってたなあ。
でもこういう店で女の人が一人でメシ食ってるのはほとんど見た事が無い。
やっぱり入り難いからなのか、自炊をする人が多いからなのか、
それともただ単に薄汚い店になど興味が無いからなのかは分からん。
だからと言って「一度入ってみるといいですよ」と薦めるほどの店でもないしな。
男の世界か。

今日は生姜焼き、ゴハン小、アサリの味噌汁、納豆、筑前煮で700円でした。
九州らしく青菜の漬物は高菜。野沢菜だったら更に嬉しかったぞ。

昔観た定食屋のコントがYou Tubeにあがってた。何度観てもおもしれえな。
志村けん&柄本明 定食屋コント (You Tube)




SKIN:Babyish-