title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

昨日カップやきそばのUFO食ってたんだが、
どうやら九州ではペヤング・ソース焼きそばは売っていないようなのだ。
そんなのどうでもいい話だという事なかれ。オレにとってはかなり重要な問題だぞ。
一体あんな大してうまくもないものをいつ頃から食っているのかというと、
最初に食ったのが中学二年か三年の頃だから実にもう三十五年間ではないか。
と思ってネットで探したら1975年の発売だそうな。
ということはデビューと同時に食い続けていた訳だな。

ところがペヤングの発売元マルカ食品は日清とかサンヨーみたいな大手じゃないから、
色んな理由で九州までは出回っていないのかも知れん。
スーパーへ行く度にペヤングが無いな無いなと思っていたんだが、
いつまでも在ると思うなペヤングと髪の毛だった訳です。
ペヤングには「ふるさとうどん」っていうウドン嫌いな僕が好んで食う名品もある。
どうしても食いたけりゃ通販で買えばいいんだけどさ、それほどでもないしなあ。
しかし、それほどでもないその小さな繰り返しがやがて大きなストレスに変わるのだ。

異郷に住み続ける限り、この小さなストレスを鎮める戦いは終わらない。
別段美味いモンでもないのに時々無性に食いたくなるのだ。
故郷の味とかオフクロの味なんてのに焦がれる気持ちの真意はコレなんだろうな。
大分県には今も尚S&Bの「ホンコンやきそば」ってのが売られていて、1964年に発売された
ホンコンやきそばが買えるのは現在じゃ北海道と仙台市と大分県の一部だけなんだらしい。
近頃はメーカー直販の通販や楽天辺りでも買えるようになったらしいが、こういうバカバカしい
ものに送料かける人がいるのだとしたら、それは僕がペヤングを買うのと同じ愛情や拘りを
持った人なんだろうと思う。

20120304_032.jpg

ペヤングへの愛情。そんなもんあるんか?
ひでじ、食っちゃダメだぞ。我が家へ来たら人間の食べるものは一切あげないんだから。




SKIN:Babyish-