title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

かつて雑貨屋さんを営んでいた、というご近所さんがおられます。
店舗を持っていたんじゃなくて買い付けたものを卸していたらしい。
で、その仕事をやめてずいぶん経っているんだろうけど、
まだ在庫が沢山あるんでそれを地元のバザーなんかに出しているそうな。

「ヤフオクじゃなくてメルカリってどうなんですか?」
と尋ねられたんだけど僕もそういうのはよく分からん。
ネットで誰かの言っている無責任な話を漁るより自分で使ってみりゃいいじゃん?
と思ってやってみた。
GoogleかFacebookのアカウント持っていれば登録すら必要ない。
支払いや受け取りはYahooのウォレットを使うんだったけかな?
試しに壊れてジャンク扱いのipod classicを買ってみました。
80GBのモデルで「サイズが0と表示されて使えません」と説明にあった。

20180616_574.jpg

僕はipod classicってのがどういうものか知らんかったけど、それにしても
送料込みで1000円はちょっと安過ぎるような気がした。
たぶん修理不能なぐらい壊滅的にどこかが壊れているか、
もしくは壊滅的に機械音痴でお金にも余裕のある出品者なんだろうと思ったw
そんなことはともかくメルカリの仕組みを知るためにポチッと購入。
ヤフオクよりも手間要らずでもちろん会費とか手数料とかも一切なし。
ふーん、こりゃ手軽やん。
とか思いながら届いたipodをituneに繋いで初期化したらちゃんと認識した。

20180616_044.jpg

これって中に1.8インチのHDDが入ってるんだわな。
それがきっと何かのきっかけで認識しなくなっちゃったんだろう。
だけど持っていたって使わないんで今度はそれをメルカリで売ってみた。
表面は無水アルコールで綺麗に拭いて、裏のステンレスはピカールで磨いた。
そしたら9000円で売れた。

僕自身を含めた有象無象と呼ばれる世界に住む人々は、
ブログなんぞでこういった話を得意気に吹聴することがある。
やれこんなに安く買った。やれこんなに高く売った。
きっと自分は知識と経験を備えた目の利く人間なのだと暗に自慢したいのだろう。
そんな細やかな自己顕示欲は哀しくもあり微笑ましくもある。
でもそういうのって、延々と勝馬予想に敗れ続けた馬券師が、何年かに一回ちょっと
大きな当たり馬券を的中させた時に似ているような気がする。

きっと誰かが、こんなに安く買って得しちゃったよという何千円や、
きっと誰かが、こんなに高く売れて大儲けしちゃったよという何千円は、
彼らがそれまでに注ぎ込んだ何万円や何十万円の損害の上へ築いた、
傍目には貧相極まりない虚構の利息みたいなものだと僕は思う。
彼らがその目利きでいつも利益を得ているのなら、或る一件だけを殊更に
吹聴したりはしないものだよ。
人が語るのは常に非日常であって日常じゃない。

つまり僕が何を言いたいのかというと、
思いがけない8000円の利益で何を買っちゃおうかな? ってことです。
この前カミさんが落として壊れたカメラを中古新調するか、
ASUS辺りの安いタブレットとか買ってみようかしらね。
SKIN:Babyish-