title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

今日の夜明け前、今年初めてホトトギスの声が聴こえた。
ホトトギスの声を耳にすると、いつも国東へ着いた日のことを思い出す。
5月12日。
7年前の今日、僕は東京を離れた。
4年前の今日、僕とカミさんは大分から飛行機に乗って今の家を見に来た。
このブログはいつの間にやら猫ブログになってしまったけれど、
国東で6匹の猫と出会わなければ、
今でも愚痴と恨みごとを綴る陰湿なブログのままだったと思うw

その7年の経緯がどうだったにせよ、僕は今、
東京ではなく伊豆半島の隅っこに暮らしている。
人生の大きな転換点というものは不可抗力に背中を押された方が体験し易いものだ。
その結果が良いものになるか否かは誰にも分からないし、
イイ歳をこいてそんな無謀な賭けに出るのが賢いことだとも思えない。
けれどあの日から7年経って一つシミジミと思うことは、
人の生き方みたいなものは変えようと自ら強く望むか、
抗し難い力で背中を押されない限りは変わらないんだということ。
その証に7年前僕の周りにいた人たちは、今も7年前とほとんど変わらなく暮らしている。
僕もあのまま東京の片隅にいたなら、今も7年前と何一つ変わっていなかったように思う。

20180512_209.jpg

一昨日、大分の新聞社から本のことで取材をしたいと連絡があったそうな。
僕はもう国東には住んでいないんですよ、と思ったがそれでもいいらしい。
ここで暮らしているとときどき誰かに尋ねられることがある。
「もう大分へは戻らないんですか?」
東京ではなく大分へ戻らないのかと問われる。
僕はいつもへへへと笑ってごまかす。
7年前のことを思えば明日や、半年後や、一年後に何が起こるかなんて、
誰にも分かりゃしないのだ。

人間至る所青山あり。
あの空も、あの海も、世界中どこかで繋がっているんだぜ。
どこにいたって大して変わらんよ。

海を見ていた午後 - 山本潤子
SKIN:Babyish-