title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

昨年の12月からやっていた仕事がようやく終わって明日が私の大晦日。
これで年が越せるというかんじ (´・_・`)
僕はこの数年、達成感みたいなものをすっかり忘れてしまっていたけれど、
ずいぶんと久し振りに何かをやり遂げたスガスガしさを噛み締めていたりする。
空青く、天高く澄んで、わが心。
こんな気持ちになるのは何年振りでしょうか?

20180130_114.jpg

猫たちは相変わらず。
けれど気がつけば彼らももう今年は7歳。
早いものだよなあ。国東の山で出会って7年も経ったのだ。
みんなオッサン、オバサン体型になって、だのに食べる量はずいぶん減った。
食べ盛りだった頃に比べたら半分くらいしか食べない。
人間と同じだなあ。僕も意地汚さは変わらないけど食う量は半分になった。

20180130_043.jpg

今年はロードスターの車検取りたいです。
南国伊豆。

20180122_149.jpg

イギリスから来て居候中の日本人が寒い寒いと言っている。
僕はハクキンカイロをポケットに入れて手を暖める。
カミさんは小さなホットカーペットを座布団にしている。
猫たちは最暖場所を求めてあっちへウロウロこっちへウロウロ。
おでんとか食べたいけれどスタッドレスタイヤじゃないんで買いに行けず。
晴れたら溶けるかな? でも溶けたら祭りのあとみたいにさみしいよな。

20180123_039.jpg

AURORA - Walking In The Air
ちびっこだってヤルときはヤルのよ。

20180116_249.jpg

という感じの末娘。
このごろはパンチに力が入ってきて、
次女との闘いも白熱気味w
体も頭もライト級。
相撲取り、相撲弱けりゃただのデブ。
というのは僕の名言です。
長男のしま兄。

20180118_007.jpg

うちのデブは弱いのに闘うデブ (T_T)
まーたどこかでバトってきて左耳に切れ込みが入っちゃったよ。
しかも流血の惨事。

20180118_015.jpg

デブは寝てると可愛いんだけどね。
どうしてこういう性格なんだか。
怪我したり体調悪かったりのときに外出禁止にすると、
まあ一晩中でも二晩中でもギャーギャー文句言ってる。
で、出してやると喧嘩して流血で帰宅。

20180118_012.jpg

ただのデブ、喧嘩弱いのでやっぱりただのデブ。
腕白でもいい、病院知らずで金のかからない子に育ってほしい。
カミさんがご近所さんから椅子を貰ってきた。
マルニ家具のちょっとレトロな椅子。
でも買った時はレトロでもなんでもなかったんだろうと思う。
ずうっと使って、使い込んで、愛着が湧いた頃にはレトロになってた。
そういうかんじの椅子。

うちは椅子ばっかりある椅子長者なのだ。
家の中にも庭にも椅子ばかり。
置くところがないんでこんなところに置いてみた。
昔の歯医者さんの待合室みたいw
長女が気に入ってよく座ってる。

20180116_035.jpg

こんな椅子みたいに歳を重ねてみたいものです。
たまにはエルトン・ジョンでも。
Elton John - I Guess That's Why They Call It The Blues
にゃんこバーガー 260円

20180114_009.jpg

きっと、あんまりおいしくないよw
寒い日は朝ふとんから出るのが嫌だという人は、
布団で出来た服を着て会社や学校に行けば
毎朝ふとんから出る必要がなくなるじゃん!
というようなことを言うとヒンシュクを買うと思います。

20180114_047.jpg

寝具と生活道具の一切を担いで旅をするスナフキンはみんなの憧れだけど、
ヤドカリやでんでん虫に憧れる人はあまりいないと思う。
在宅仕事というのは家で仕事をすることだろうが、
家自体が会社まで動いていけば会社でやっても在宅仕事だ。

20180114_001.jpg

そういう世の中がいつかはやって来るといいな。
別によくないか (´・_・`)
この辺りは冬になると時々すさまじい風が吹く。
その風は西にある天城の稜線から吹いてきて、
それはもう台風かそれ以上の強烈さで吹き荒ぶ。
僕もそうだったが誰しも越してくるとたまげるようだ。
でもそんな風の吹いた翌日は、
空は真っ青だし、
道の落ち葉はきれいになくなっているし、
海は澄んで島影をくっきり映している。
だから僕や誰かの人生にも時々すさまじい風が吹いて、
アレとかコレとかソレとかのモヤモヤを、
影も形もなく吹き飛ばしてくれたらいいのに、
なんてことを思ったりもする。

20180109_611.jpg

今日は肥満児長男が病院行き。
鼻づまりでグーグーピーピー苦しそう。
こりゃあ風邪かカリシかエイズか? と青ざめたが、
レントゲンを撮ったら生まれつき気道が細いんだそうな。
しかも細いところに来て肉が厚過ぎw
もう少し痩せましょうねと言われて注射一本。
いつか肥満児にも風が吹いて、
贅肉もエイズも吹き飛ばしてくれますように。
自分でも驚くほど毎年毎年同じ写真しかないのは、
たぶん自分でも驚くほど毎年毎年が同じだからなんだろう。

20180106_028.jpg

東京から大分へ行き、大分から伊豆へきて6年半が経った。
ということは、あの頃小学校に入学した子は今年もう中学生だ。
彼や彼女の6年間はそりゃあもう刺激と感動に溢れていたことだろうと思う。
僕の小学校6年間がそうだったように。
うちの猫たちの6年半はどうだったかなあ。
やっぱり刺激と感動に溢れていたんかなあ?

今年は少し頑張って楽しくしようじゃないか。
ケセラセラ。明日のことなどわからなーい♪
Jacqueline François - Que Sera Sera
今年の初荷、というか初amazon。
昔は獣医さんまで行かないと買えんかったよなあ。

20180104_013.jpg

うーむ、やっぱりうちは猫屋敷か (´・_・`)
そろそろキャラットもなくなるから買わなきゃな。
在庫が1か月分を切ると補充するんですよ。
至れり尽くせりな猫さん屋敷。
SKIN:Babyish-