title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

なかなか水緩まない三月。

20170310_241.jpg

だけど季節というのは良く言えば律義、悪く言えば愚直なものだから、
多少のズレはあってもちゃんと春と夏と秋と冬がやって来るものだ。
そのちゃんとさ加減はやはり律儀とか愚直という言葉が似合っていると僕は思う。
だから一年前や二年前に書いたことを振り返ってみれば、
概ね同じような写真と同じような能書きが記されていたりする。それはつまり、
僕の暮らしそのものが文化社会的ではなく土着自然的になってしまったんだろう。

20170309_026.jpg

桜海老としらすを食す。一年前もこんな写真を貼ったように思う。
今年の桜海老漁が解禁されるのは春分の日の翌21日だそうな。
僕は生で食べるのは好きじゃないから昨秋の解凍物でも美味しくいただく。
大森守半の刻み海苔がイイ仕事をしています。

20170309_020.jpg

天城から吹き下ろす風がぴゅーぴゅー。
一昨日の朝にはメダカ鉢に氷が張っていた。
気候のいい三月から五月くらいの間がネコたちとって一番の活動期。
肥満児の長男もこの時期だけは毎年ちょっとスリムになる。
朝飯と晩飯後の外遊びから帰ると六匹たちは日溜りを選んで爆睡。
人間も彼らにならって現在ダイエット中w

今週末から来週にかけては卒業式シーズンなんだらしい。
もう卒業式で仰げば尊しとか歌わないんかな?
僕はこの歌好きだな。目が潤むよw

仰げば尊し - 立川清登
SKIN:Babyish-