title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

これこれきみたち。

20170908_869.jpg

それはきみらの昼寝布団じゃなく、
ユーノスロードスターっていうオレ様のおもちゃなんだぜ。
車検は切れちゃってるけど (T_T)

カバー破って傷つけたらオヤツ抜きますからね。
いつか車検取りたいなあw
自分が死ぬまでに使う鉛筆の本数を考えたら、
間違いなく一生モンの鉛筆削り。
電気要らずで用を成すのも今となっては素晴らしい価値。
それはたとえば静かに頁を繰る文庫本のようなもの。
それはたとえば日がな一日寝て暮らすネコのようなもの。

20170827_025.jpg

一方、先日買った古い柱時計。
いろいろ調べてみると大正~昭和期に名古屋近郊に多かった時計製造会社製らしい。
ボーンボーンと正時の数だけ鐘を打つのとは別に半時にボーンと一回打つ仕様は、
どうやら昭和20年代以降に作られるようになったんだそうな。
この時計、半時の鐘は打たない。
ということは短く見積もっても作られてから70年は経っているわけだ。
機械部分に注油したミシン油がなじんで調子が出てきたのか、
はじめは不安定だった遅れが毎時きっかり3分弱ずつ遅れるようになった。

20170827_013.jpg

ということは、70年前の古時計が刻む60分という時間は、
僕たち現代に生きる人間の63分に等しいというわけだ。
なるほど。それはそれで実に味わい深い。
だけどきっかり63分で動くなら60分で動くこともできるはずだよな?
と思って振り子の錘を上げて周期を速めてみる。
ネジ式の錘を目一杯上げても遅れは30秒ほど縮まるだけ。
これ以上はネジ山がない。
ならばと振り子の柄をノコギリで2センチほど切ってしもたw
ご老体には荒治療だったがこれでバッチリ60分に短縮。
かなり実用に近い範囲の誤差になってきた。

すごいよなあ。
金属と、木と、ガラスと、紙だけでできた70年前の時計。
今もちゃんと動くし、ゴムや樹脂を使っていないから幾らでも補修が効く。
今どきの時計やスマホが70年後に使えるとは思えんけれど、
ステッドラーの鉛筆削りやこの古時計はきっと70年後もちゃんと動いているだろう。
その時、僕はもう生きていないけど。
よいお天気。風冷たく爽やか。日陰で半袖はちょっと寒い。
かつて5月とはこういう陽気だったような気がする。
薫る薫る若葉が薫る。

20170430_052.jpg

先日フィットを車検に出したらバッテリーがそろそろ寿命だと言われた。
昔だったらこういうの問答無用で交換されて「ハイ3万円」とかだったよな。
今回はホンダのディーラーに出したんだが世の風潮なのか、
いわゆる過剰整備みたいなことはもう世に蔓延っていないらしい。
余命宣告されたバッテリー、どんくらい寿命なのかちょっと見てみやふ。
ひでじくんも手伝うか? よし行こうw

20170430_739.jpg

テスターあててみるとエンジン停止時で12.5V。
うーむ、ギリギリ合格というところか?

20170430_747.jpg

真夏の夜にエアコンとライト点けて大渋滞の中を2時間ノロノロ、
とかいう場面なら危険かも知れんなあ。暑くなる前に交換しておくか。
よくバッテリーとかタイヤとかに金ケチる人いますよね。
そんな人に限って高価なマフラーとかオーディオとかナビとか付けてたりする。
僕はなんだかそういうのって心が貧乏臭くて嫌だなと思っちゃいます。
基本部分と装飾部分へ均等にお金をかけるのが正しい金の使い方。
曰く、身分相応。

20170430_750.jpg

おいコラ、テスターを踏んづけるんじゃないよ次男の人w

20170430_753.jpg

明日からいよいよ連休本番。
今は午後9時過ぎだけど、なんともう既に東名高速の下り線は
川崎から厚木の先まで渋滞中。
明日からは買い物へも行けないかな?
車のオイルが減っていたんでホンダ車にはホンダのオイル。

20170317_372.jpg

昨年の今頃にカブのオイル交換した余り。
まだ三分の一以上残ってるんじゃないか?
ともかく200ccほど注ぎ足しておきました。
うちの長女メカニックが点検ちう。

20170317_374.jpg

明日から春のお彼岸。
暦は季節を分けれども未だ冬の寒さよ。
それでも庭の桜は薄紅の蕾を膨らませてきたぞ。
長女さん車に乗る。どこ行くんだ? おまえ。

20170209_233.jpg

我が家の14年落ちホンダ赤フィットだが、
東京まで遠出したせいか発進時にジャダーが出るようになってしもた。
ホンダの無段変速機を搭載した車種にはよくある症状なんだそうで、
まあ発進の時に駆動輪からガガガガガと異音&振動が出るんですな。
つい先日タカタ製エアバッグのリコール修理を申し込んだばかりなので、
その時にディーラーで診てもらいましょう。

20170209_039.jpg

ネットで検索してみると変速機のオイル交換と添加剤でほぼ治るそうな。
車は人間やネコと違って部品さえ取り換えれば完治するからいい。
うちのネコちゃん共もくしゃみしたり目がしょぼしょぼしたりだったけど、
ちょっといいご飯を振る舞って自力治癒で乗り切った模様。
でも今日の寒さでぶり返さないか心配だ。
きみたち、風邪を引けば美味しいもんが食えると思ったら大間違いだぜ。
20170202_184.jpg

庭の隅っこを耕してネコのトイレ作り。
こうしておくとネコさんたちは好んでここでしてくれる。
実に効果てきめん。
で、これを怠ると花壇とか畑にされちゃう。
もうずっと雨らしい雨がないんで土が中の方まで乾いてる。
また庭にモグラが出始めてわたくしは戦々恐々。
にゃんこハンターに期待しているがさもなくばカブの排気ガス作戦か?

20170202_118.jpg

先月だったけどこんなの貰ってきた。
ホンダ・スカッシュ。昔これ乗ってたんだよね。
当時のメーカー希望販売価格は8万円。
でもこんなにちっこくて可愛いのに人気がなかったらしく、
バイク屋の店先で3万円の叩き売りにされてたんで通りがかりに買って帰った。
82年頃だったと思うな。恵比寿に住んでいて三田の会社までこれで通ってたのだ。
今や懐かしい2スト・エンジン。音と匂いが良き時代を甦らせてくれます。
小さくて可愛いけど3馬力しかないから超絶遅い。
古川橋から天現寺の交差点まで信号ノンストップでも50キロ出なかった。
ああ、青春。

いちおエンジンかかるんだけどナンバー取らずに飾り物にする予定。
それともカミさんが乗るかな?
昨夜はイタリアGPだったらしい。
僕はもう色々な理由からF1を観る気がすっかり失せてしまった。
たぶん今のF1にもそれなりの面白さや緊迫感があるんだろうが、
僕の感覚がもうそれを感じ取れなくなっちゃったんだろうな。
別にそれでイイじゃないの。
思い出や青春はいつも美しく切なく感極まるものだよ。

20160905_002.jpg

今から46年前の今日。
モンツァで行われたイタリアGPの予選でヨッヘン・リントは事故死した。
直線でのトップスピードを稼ぐ為にウイングを外して走った結果だったといわれている。
なんて無茶で、なんて勇気ある、そしてなんて熱い時代だったんだろうか。
F1がそんな勇気と情熱と夢のみなぎるマン・スポーツだったから皆が熱狂した。

20160905_001.jpg

左からグラハム・ヒル、コーリン・チャップマン、ヨッヘン・リント。
見入るほどに言葉を失う印象的な写真。
チャップマンが率いていた時のロータスは強かった。速かった。美しかった。
安全とか、環境とか、本来速く走る事とは無縁の要素がF1を蝕んだ。
タバコマネーの撤退がマシンカラーを小口スポンサーばかりの見苦しいものにした。

ヨッヘン・リント。享年28歳。黙祷。
いよいよ盆休みも一応今日でおしまい。
人と車が溢れているからという理由で外へ出なかったけれど、
ホントのホントに五日間どこへも行かなかったなあ。
今時は引き籠りと呼ばれる人たちでさえポケモンGoで外へ出て来るらしいのにw
ロードスターには先月箱根へ行って以来カバーがかかったまま。
人の波が引いたらちょっとドライブにでも出かけよう。

暑くなると我が家の車は2台とも車内がガソリン臭い。
フィットは14年落ち93,000kn。ロードスターは24年落ち102,000km。
どこがどう壊れてもおかしくない2台なんだが、たぶんフューエルラインのどこかが、
どんな風にか、汚れたり詰まったり破けたり漏れたりしているんだろう。
だってそれ以外に密封されているはずのガソリンが匂うわけないもんな。
汚れと詰まりならコレで止まるか? と久し振りにフューエルワン買ってみた。

20160815_010.jpg

たぶん、
ガソリン添加剤と呼ばれている物の中で信用出来るのはコレくらいだと僕は思う。
中古で車を買ったらまず一本。特にキャブ車には効果が高かったような気がする。
しかし4輪でキャブ車といったらいつの時代なんだろうか?
もう昨今では「純国産」というだけで安心感というか信頼感が漲っているw
頼むぞ株式会社和光ケミカル。

昨夜机の上にゲラを拡げて仕事をしていたらノミが飛び乗って来た (´・_・`)
白い紙だったから気がついたけど薄暗い僕の部屋の木机じゃ分からんかっただろう。
その時キーボードの横に寝ていたのは長女のちー。
こいつの身体から飛び出て来たに違いない。
まあ外に出してりゃノミもダニもつくわなあ。
というわけで車にはフューエルワン。ネコにはマイフリーガード。

20160815_014.jpg

どちらも効きますように。
でもくつしただけはこの薬をやると毛が禿げるので保留。
うちで一番手のかかるやつ。

20160814_004.jpg
ちょっと用事があって厚木まで行ってきた。
お昼に家を出たんだが海岸沿いの下り線は平日だというのに大渋滞。
台風が近づいてるせいで波が高く、熱海ビーチラインが通行止めになっていたんで
熱海から東京寄りは特にひどかった。
こりゃあ厚木からの帰りは沼津経由で中伊豆通った方がイイなと決心。
その帰り道は下田や中伊豆からの帰り車が東名に向かって大渋滞。
もう伊豆は完全に夏休みモードなんですな。

空いている時なら厚木まで片道1時間半かかるかどうか。
今日は往復で5時間半 (T_T)
毎度のことだがあまりにも不毛なる渋滞という悪しき魔物。
帰って来てYahooを覗いたら奇しくもこんな記事があった。

「去年のお盆に混んだ道は?」国交省、2015年お盆期間の渋滞ランキング
要はこんなものが好きな人間などどこにもいないのは明らかなのであって、
世の社会学者とか交通ナンタラリストとかが渋滞を減らそうと日々躍起になっている。
利権がどうこうと騒いでもETCの導入が渋滞に対して劇的な効果を発揮したのは自明だ。

もし、「私は渋滞が好きです」なんぞとのたまう人がいるのだとしたら、その人はいったい
どういう人なのだろう? と渋滞の中でアレコレ考えてみた。
多分次の3つのうちのどれかであろうw

1. 時間距離併用で運賃を請求できる物流業の経営者。(現場の運転手は苦痛でしょ)
2. 時間など幾ら浪費したって痛くも痒くもない非生産的な仕事や生活をしている人。
3. オレって渋滞の頻発する都会に住んでる都会人なんだ、をアピールしたい田舎者。

渋滞が好きだという人は役所や銀行の窓口でも一番長い列に並ぶのか?
東南アジアのダラダラ入国審査でもでかい荷物を肩に担いで嬉々としているのか?
スーパーのレジで前のババアが店員と世間話を始めても待ち時間を楽しむのか?
そんなマゾヒスティックなバカがどこにいるんだろか?

あー、疲れた。
Lotus Elan dhc S3 chassis and V5 only
僕がebay UKのClassic Carsカテゴリにアラートを設定しているのは、
女の人が大好きなウィンドウショッピングみたいなものだと思う。
そしてこういうものが出て来ると、買う気もないし、もちろん買えない事の方が
多いのだが、なんだか同じ価値観の世界を見るようでとても嬉しい。

20160726_002.jpg

ロータス・エラン・シリーズ3、ドロップヘッドクーペのシャシーフレーム。
いったいこんな鉄骨にどんな価値があるのかというと、
今日の為替レートで27万3600円の価値があるわけだw
たとえばどこかの鉄工所でこれと同じものを作ってもらえば、たぶん材料費を
含めてももっと安価に出来るのではないか? という気がしなくもない。
少なくともこんな錆まくりの鉄骨に新しい鉄板を切り貼りするよりは、
新規に作った方が強度も見栄えも材質も良いものになる筈だ。

20160726_001.png

だけどそれをやったら価値や意味が失われるから2000ポンドで売り買いされている。
たとえ鉄板が掌一枚分だけしか使い物にならなくて、あとの部分全てを新しく
作り直したとしても、新規に別物を作るのとは美学の根幹が異なるのだ。

新しいミニや、新しいビートルや、新しいフィアット500になんの躊躇いも持たず、
嬉々としてそれを受け容れられる人たちにとって、この腐り錆びた鉄骨に付けられた
2000ポンドの価格は馬鹿げたものでしかないだろうと思う。
だけど僕はこの価値や意味を共有出来る人じゃないと車の話をしても楽しくない。
僕は古いものが好きな訳ではなく、正常進化するものが好きなのです。
だから夢よもう一度みたいな安直企画の元に生み出される物が嫌いなだけ。

lotus_elan_1965_photos_1.jpg

僕は英国車が大好きだったし、今も遅々とした正常進化を続ける英国車が好きだ。
それはアストンでもジャガーでもMGでもロータスでもなくなってしまった。
小さなエンジンを鼻先に載せて後輪を駆動する二人乗りの小さな車。
最後に残されたブリティッシュ・ライトウエイト三つの選択。
それはジネッタ。それはケーターハム。それはモーガン。
継続は力なり。
A rolling stone gathers no moss.

The Rolling Stones with Jimmy Page - Heart Of Stone
SKIN:Babyish-