title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

みんな一日に何回ぐらい「暑いなあ」と言うんだろう?
いったい、あと何回ぐらい「暑いなあ」と言えば秋がやって来るんだろう?
以前の僕は目の前の暑さを大袈裟に嘆いてばかりいたけれど、
今はなんとなく、なあに、じきに秋がやって来るさと考える人間になった。
それが進歩なのか退化なのか、成長なのか諦めなのかは分からん。
でもついこの間も書いたように、僕たちの短い人生など平らに均してみれば
なんてことはない僅かな凸凹の中に納まっているものなんだな。

20180718_141.jpg

デッキの日陰に置いたメダカ鉢には先月生まれたちびっこ達がいっぱい。
すごい食欲で日々どんどん大きくなる。
日陰とはいっても昼頃には水温がだいぶ上がってしまうんだわ。
だからこの頃は氷を幾つかそっと浮かべてやるのさ。
そうするとちびっこメダカ達は氷の周りに寄って来るんだぜ (´・_・`)
んー、なんとも可愛いじゃないの。やっぱり暑かったんだな?
ちっちゃいけど、お前たちも一生懸命生きてるんだ。熱中症になるなよ。

20180718_092.jpg

ワイルドな畑から持ち帰った野菜たち。こんなハーヴェストな毎日。
今日のお昼はひき肉とナスとシシトウの辛みそ炒め。
でっかいキュウリは乱切りにしてドレッシング漬けにした。
僕は田舎で暮らすことを誰かに勧めたりはしないし、
都会と田舎のどちらかに優劣をつけてみることにも飽いてしまった感がある。
どっちにも魅力はあるだろうし、どっちにも苦痛はあるだろう。
けれどこの目眩のするような夏の一日に限って言えば、
都会のビル街よりも土と草と木に囲まれた場所の方が凌ぎ易いと思うよ。
それと忌まわしい音に悩まされ続けた僕が都会を離れて学んだことは、
常に騒音を出すのは人間だということ。つまり人の在るところ騒音あり。
自然というものは本来無音、もしくは限りなく無音に近いものだ。

20180718_098.jpg

明け方と夕方にヒグラシが鳴く。
カナカナカナ。
デッキの手すりで物言わぬ長女の一日も終わる。
暑い暑いと譫言を繰り返す人間と違い、
僕らは猫たちの寡黙さを学ぶべきなのかも知れない。
もっとも、働きもせず日がな一日寝ているだけならば、
この暑さもまた楽しなのかも知れん。
タイのゲストハウスでひっくり返っていたあの頃は、
僕にとって猫の時代だったのだな。
にゃー。

Robert Plant's The Honeydrippers - Sea of Love
脳味噌が茹で上がるような三連休もおしまい。
応援していたクロアチアの夢が潰えたワールドカップもおしまい。
お祭りの後はいつだって寂しいものです。

20180716_078.jpg

田舎者の猫が遊ぶのは本物の猫じゃらし。
だけどさすがにこの暑さ。
すぐ遊び飽きて、
粘度の濃い空気の中で怠そうに毛繕い。

遠くで聞こえる雨音のようなクマゼミの声が、
末娘の三女に染み込んでいく。
暑い暑いと言っても涼しくはならず、
糸を引きそうな時間だけが早くなったり遅くなったり。

20180716_108.jpg

2時までW杯の決勝戦を見ていて、
5時前に猫たちの朝ごはんをあげるんでベッドから出た。
睡眠3時間と気温35度で意識朦朧。
今夜は早く寝ませう。

Rêve - Françoise Hardy
この前直したデッキの物干し。
乾きの悪いオイルステインが三日目にしてようやく手に付かなくなったので、
崩落した旧物干しから回収した金具を打ち込んで取り敢えずは再生しました (´・_・`)

20180715_120.jpg

これがついてるだけで部屋の中の温度もだいぶ違う。
都会のアスファルトほどじゃないけれど、直射日光に灼かれたデッキの照り返しは
結構きついものがあるのだ。せっかく猫さんたちの昼寝場所なのにね。
物干しとともに1.5m下へ落下した南部風鈴も草をかき分けて発掘。
ズタボロになってた糸や短冊を新調してあげるのです。

20180715_041.jpg

風情のある音は深みのある岩手水沢の鉄鈴の音。
しかし今日は風もほとんどなくて風鈴も黙り込んだまま。

20180715_044.jpg

額に汗がひと筋。
一日に4回くらい水シャワーを浴びていい気持ち。
昼前に山を下りて買い物に行ったら、スーパーにもコンビニにも道路にも、
目眩がするほど人と車が溢れていた。都心からあれだけの熱源が脱出してきたのなら、
東京も少しは涼しくなったんじゃなかろうか? なんて思ってしまった。

20180715_112.jpg

誰も彼もが物言わずじっと暑さに耐えている三連休。
西の地ではこの酷暑の中で避難生活を強いられている人も。
それに比べりゃ僕も猫たちも、ただじっと暑さを甘受していればいいだけ。
眼下の海から天城の稜線へ湧き上がった入道雲が弾けて、
サーッと夕立でも来ないかな?

石川セリ - 八月の濡れた砂
炎天下の中、大大嫌いな大工仕事 (T_T)
朝一番でフィットをディーラーに定期点検に持っていき、
その足でホームセンターへ行って材木と留め具を買ってきた。

20180711_030.jpg

初夏の頃まで長期滞在していた英国在住のBBAさんに、
「ホームセンターって何?」と真顔で尋ねられたけど、
そう言われてみれば和製英語にしても意味不明すぎるわw
ホームセンター・・・。
このデッキの手すりの外側に付いていた物干しが先日腐って崩壊。
それを再生するのだ。

20180711_032.jpg

トンカントンカンと一時間ほど手際悪く作業して出来上がり。

20180711_034.jpg

こんなつまらないものでも洗濯物を干すのと日除けの掛け金を固定するのに
必要なんですな。もうあちこち腐ってグラグラしているんだけど、
ともかく夏場をしのげればいいんで補強しまくって応急処置。
あとは防腐のためのオイルステインを塗っておしまい。
3日ぐらいかけて重ね塗りしとけばいいかな?
庭のバジルを消費せねばというのでお昼は久々にガパオライス。

20180711_028.jpg

雨の多い天城山麓に佇む古民家は湿気と虫が大敵。
たぶん永遠に続くそいつらとの戦いに溜め息が出るのであった。
暑くなったせいか猫たちが歳をとったせいか、たぶんその両方だと思うんだが、
このところ彼らと触れ合うことがあまりない。
そもそも犬と違って猫はベタベタ触れ合うような生き物ではないし、
特に我が家の場合は国東時代から外出自由なので、家の中じゃ人間との関係は
お互い空気のような存在に近いと思われる。
つまり、そこにいるのが当たり前。それ以上でも以下でもないみたいなw

20180710_044.jpg

この薄い関係が僕には魅力なのだな。
互いに負担にならず、なんと言うのか、庭の木々がざわつき始めたら
一緒に窓の外を見て、
「お、雨だな」
「そうだにゃ」
それでおしまいの薄い薄い関係。
だから6つもの命を委ねられても重荷にならないのだと思う。

子猫時代と違って毎日毎日彼らのことを考えているわけでもないし、
彼らとて6つの個性に成長した今は各々が好き勝手に毎日を過ごしている。
このブログは猫のカテゴリに登録してあるけれど、他に適当なジャンルが
なかったからそうしただけで、世の猫ブログとは比べ物にならないぐらい
猫の写真も少ないし、写っている猫も可愛くない (T_T)
猫の本を出版したのに合わせてカミさんがツイッターを始めたから、
今後の猫の日常はそっちに任せてしまえ。

20180710_023.jpg

というようなことを、キーボードの脇で眠っている長女さんの寝顔を見ながら
考えていました。ちっこいから「ちー」って名前を付けたのに、ずいぶんと
大きくなったよなあ。
あれから7年が経ったのだ。

夏は来ぬ - ザ · ピーナッツ
今年の夏は記録的な暑さになるんじゃないか?
と誰もが思っているのかもしれないようなムシムシジトジトの一日。
こんな日があと3か月は続くのだと思うとゲンナリしちゃうよなあ。
だけどそんな記録的な暑さも寒さも大雨も日照りも、
長い長い地球の歴史の中じゃ一瞬の瞬き。
平らに均してみればちゃんと平均の枠内に収まってしまうんだろう。

だったら今目の前にある嫌なことも、
だったら今目の前にある幸せなことも、
僕たちの一生で平らに均してみればどうってことはない凸凹なのかも知れん。
小さな凸凹に一喜一憂せず、ふわふわと、へらへらと、ぼよよんと、
そうやって今日を過ごしてみれば明日には平均に戻るに違いない。

20180705_738.jpg

3か月すれば庭の桜の葉も色づいて落ちるだろう。
そのうちこの息苦しい暑さも、肌にまとわりつく湿気も姿をひそめて、
手袋とマフラーの季節がやってくるだろう。
そして湯気の立つカップを両手で温めながら、
今年の夏は暑かったねえと振り返る夜が訪れるのだ。
しかし3か月は長いですな (T_T)
昨年の夏は夏らしくない夏だったんでデッキに日除けは付けずじまい。
でも今年はハンパないぞ。
というわけで今朝は強烈な陽射しを浴びながら汗だくで日除けを張った。
そしたら30分くらいしてバキバキバキーという音と共にデッキの一部が崩壊w
デッキの手すりにフックで留めていた日除けが全部外れてしもた。

20180701_230.jpg

僕は今までずっと借家住まいだったから、どこかが壊れたら大家に電話一本。
「すんません、壊れましたけどー」と言えばそれで済んだ。
どんなトラブルにもすぐに修理業者が駆けつけてもちろん支払いも一切なし。
だけど持ち家になると全部自分でやらなきゃならない。
先日終わった屋根修理なんぞはいくら頑張ったところで僕には無理。
だから大工さんを頼んでン十万を支払うことになる。
このデッキもそろそろ限界なのは分かってたんだけどね。

20180701_502.jpg

そもそもこれは前の住人さんがDIYで造った素人施工のウッドデッキ。
んー、造りは悪くないんだろうがいかんせん材料がしょぼい。
やっぱりね、ホームセンターで売ってるナントカウッドとかの安い木はダメなんだろな。
本職の大工さんがちゃんとした木材で建てた41年前の家はなんともないのに、
ホームセンターの木で造ったデッキは十年ちょっとで腐って崩壊。
家の中で使う棚とかならまだしも風雨に晒される状況だと明確な差が出るんでしょう。
あーあ、このクソ暑いのにまた大嫌いな大工仕事かよ (T_T) と一日中憂鬱。

20180701_194.jpg

とりあえず崩壊したところだけ海の日連休辺りにでも直すか。
デッキ本体は秋か冬までお預けです。だってこの灼熱地獄にやってらんねーもんなw
僕はね、この家好きなんですよ。
外仕事とかから夕方帰ってくると、黄昏の中で庭の緑を抜けて猫どもが駆け出して
きたりする。母屋が見えないぐらい茂った青葉が金色の陽に揺れている。
どこかの山奥にある木造校舎みたいな佇まいで、あっちこっちに猫が寝ている。
頭の上には大室山と夕焼け雲。
だからまあ、嫌々でも頑張って直しますよ。
お金があれば本職にしっかりしたの造ってもらうんだけどね。
梅雨の雨の合間を使って屋根の修理が進んでおります。

20180624_162.jpg

もうスレートの瓦は張り替え終わってあとは塗装するのみ。
我が家の屋根は傾斜が緩くて面積の広い大屋根なんで、
日頃から猫たちの遊び場&日光浴場になっている。

体重5~6kgの彼らがグリップのいい肉球で駆け回るんだから、
それだけでもう瓦には相当な負担がかかっているんじゃないか?
と思うのはシロウト考えなんだろうか?
もしそうだとして猫たちに屋根への出入りを禁止するほど僕は
彼らに対して非道ではないw 遊んでもいいけど落ちて怪我するなよ。

20180624_156.jpg

カミさんの説によると極端に雨の少なかった昨夏の異常気象で、
引っ越してきて以来死んだようだった何本かの木々が目を覚ましたらしい。
僕にはどの木がどう生き返ったのかわからんが、今年はザクロにも
こんなにたくさん花がついている。
オレンジ色の花は赤やピンクよりも緑の世界に映えるよな。
僕はオレンジ色が好きだから特にそう思う。
もうそろそろプラ池の辺にも姫檜扇水仙が咲いて夏の幕開けなんだろう。

20180624_064.jpg

今頃、雨がしみ込む土の中では蝉の幼虫たちが準備万端。
入道雲。麦藁帽子。夕立。線香花火。
子供の頃とは違って昨今は眩暈のするような暑さだけれど、
それでも都会の地獄蒸しに比べれば緑の中は幾分救われる。
夏の間に一度、国東へも行ってみようかな? と考えちう。
おっと、夏を前に猫たちにはダニとノミ除けを投薬せにゃ。

ザ • ピーナッツ - 夏の思い出
今日は夏至。

20180621_010.jpg

静岡県伊豆半島の東部では毎年夏至の日に、
「かにぱんメロン味」を食べて無病息災を願います。
そんなのウソだろ! と思ったあなた。もちろんウソだよw

20180621_606.jpg

今日は昼間が一番長い日だー! とか喜んでいるそこのあなた。
絶頂を過ぎたらあとは落ちるばかりなのです。
へへへへへ。
明日からだんだん昼間が短くなっていくのさ。
そして秋分を過ぎ、冬至に向かっていくのさ。
でもその前に夏がやってくる。
今年の夏は厳しそうだなぁ。
なんだか東海にもでかい地震が来そうな気配だし。
本日は稲取で開催されたキンメマラソンってのを手伝いに行ってきた。
ほら、紙コップに水入れて給水所で配るボランティアねw
どうしてそんな事をやることになったのか自分でもよく分からん。
まあ、人間万事塞翁が馬とも言うではないか。
マラソンの手伝いをすると或る友人に話したら、
きみもそうやって地域に絡め取られてゆくのかもね?
とシミジミ言われた。

気がつくと僕はいつの間にか、
都会だの田舎だのという哀しげな天秤をどこかへ置き忘れたように思う。
たぶん僕はもう道端のミヤコワスレを見て嘆くこともないだろうな (´・_・`)
地域に絡め取られてゆくのか、ケツに根が生えてくるのか、
そんなことさえ、もうどうでもよくなってきた気がする。
されど人付き合いは未だに慣れず、慣れぬ世間に触れた日は疲労感が半端ない。

20180510_019.jpg

そんな雨の涼しげな夜は丹那牛乳とニャンパン。
ニャンパンの中身は粒ニャン也。
甘さが僕を救う。猫が僕を救う。
猫たちの無愛想さとカミさんの焼いたパンは細やかなる幸福哉。

20180610_100.jpg

明日は大雨か。
八十八夜をとうに過ぎて、台風が往けばまた暑さが戻ってくるだろな。
やれやれ。
こんな夜は甘いパンと甘い歌だぜ。
しみじみ聴こう。
Teddy Bears - To Know Him is to Love Him
SKIN:Babyish-