title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

この頃は朝晩すっかり涼しくなったせいか、
長女が布団へ入ってくるようになった。
現金なやつめとか、調子のいいやつめ、とは思わずに、
オイオイ可愛いじゃないのと喜ぶのは馬鹿の証。
長女だの、名前はちーだのと当たり前の顔で生きてはいるが、
7年前別の人に拾われていたら今頃は別な名前をつけられて、
もっとふかふかの高級羽根布団で寝ていたかも知れない。
しょせん猫なんてそんなもの。
飼い主を選んで拾われたわけでもないしな。

秋の深まる無人の里山へぽいっと捨てられたのに、
物好きなおっさんに拾われて二食寝床つきの快適な暮らし。
猫たちにとっちゃ宝くじを引き当てたようなものだと思うが、
実は人間にとっても山で一等賞の当たりを拾ったようなもの。

20180919_094.jpg

それをこの世では「縁」とか「偶然」とか呼ぶのだろう。
現実の宝くじやサッカーくじはいくら買っても当たらんけれど、
僕は猫くじなら今までに何度も大当たりに巡り合っている。
猫くじの大当たりは賞金がもらえるのではなく、
怪我だの病気だのの度に高額の賞金を巻き上げられるのだ。
そんな大当たりを連発している僕は幸運なのか?
いいや、ただのバカだろな。
我が家の床に現金や宝石が落ちていることはないけれど、
猫ならところどころに落ちている。
あっちにも、こっちにも、ぐだーというかんじで、でぶーというかんじで。

20180904_091.jpg

もちろん半分くらいは負け惜しみで言うのだが、
彼らが恵んでくれる喜びや至福は、
どんな国の現金や宝石よりも尊い。
次男坊のひでじが頻繁にトイレへ行く。
しばらく座っては砂をかき回してあきらめ、また少しするとトイレに座る。
あーあ、またかよ (T_T)
トイレを掘り返すとパチンコ玉くらいの砂粒がいくつか。
うっすら赤みを帯びているから血尿でしょうな。
カミさんが調べてみたらちょうど一年前の8月にも同じ症状だったんだわ。

20180831_094.jpg

あの時は病院行って、抗生物質の注射と飲み薬&療養食だった。
だから今回は経験を活かして病院へは行かず自前の抗生物質と療養食。
ずっとCD食べさせてたんだけどなあ、しばらくSDで結石が溶けるのに期待です。
こういう時も通販ですぐ届くからホントにありがたい。
結果、薬の飲み始めて数日でトイレへ座ることもなくなったから効いてるかんじ。
このまま治るといいな。

20180831_033.jpg

錠剤は口へ放り込んでゴックンさせられれば一番確実なんだけど、
なかなかそうは問屋が卸してくれない猫さんたち。
特にひでじは力も強いし牙も立派なんでサシの勝負はちょっと怖いのですよ。
だから缶詰に混ぜたり、ちゅーるに混ぜたりしたんだけどなかなか食わないのだ。
で、カミさんがネットで見てきたオブラートで包んで食べさせるやり方を試してみた。
オブラートはウエットフードの水分を含むとしんなり溶け始める。
溶け始めてもちゃんと包んであるから匂いも味もしない。
薬嫌いな猫さんもまんまと騙されるということらしい。Good Job!

20180831_039.jpg

ぬいぐるみじゃないからね。
彼らは病気もすれば怪我もする。
人間より4倍速く進む老化も止められない。
自分に出来ること以上のことはやっぱり出来ないから、
ただ健やかであれと祈るしかないのだ。
Twitterで報告しましたが、三男坊は今朝未明に帰宅しました。

20180826_024.jpg

何があったのか分からんけど別に機嫌悪いでもなく怯えるでもない。
ニャーとかか細く鳴きながら寄って来るしw
心配して損しちゃったよ。

Twitterで報告とか偉そうな口を利いてますけど、
情報弱者らしく今さらにInstagramとFacebookも始めてみました。
インスタは↓です。
Instagram
始めたといってもせっせと更新するでもないです。
とくにFacebookの方は当初から放置予定。
インスタは写真送るだけだから楽ちんかな?

このブログはこれまで通りちまちま書いていきますね。
やっぱブログが一番楽しい。
昼前に庭にいるのを見かけたんだがなあ。
お昼のおやつにも、午後五時の夕ご飯にも戻らず。
あいつは9日間という我が家の最長行方不明記録保持者だから、
明日の朝までには帰ってくるような気がするんだが・・・。
夏休みで子供とかも来てるから追いかけられたかな?

子供の頃はみんなイケイケに遠出して迷子になって、
そのまま帰れなくなることがよくあった。
うちの場合は食事2回までは帰宅しなくても許容範囲。
3回目の食事を欠席したら問題発生ってかんじになっております。
臆病者故に我が家で唯一無病息災無事故を更新しているくつした。
ちゃんと帰って来いよ。

追記。
さっき(22:30ころ)カミさんが庭へ出てみたら犬小屋の上にいたそうなw
満月の月明かりの中をのぞいてみたらいるいる。
どしたんだろな? なんのスイッチが入って家に寄り付かないんだろう?
チキンの称号を持つビビリ屋の心は読めんわ。

ま、無事ということで。
我が家の食事は朝と昼。夜は食べない。
そういう食習慣をもう10年以上は続けている。
自宅仕事で寝るのも早い僕は夕食を摂ると食ったらすぐに寝る時間になる。
それじゃ肥満街道まっしぐらだからいっそ夜は抜いてしまおう。
と、そういう流れで一日二食が朝と昼になったのだと思う。
付き合わされているカミさんにとっちゃ迷惑なのかも知れんが、
夜更かしの彼女は腹が減れば勝手に自分だけ食っているからそれでイイんだろう。

20180824_044.jpg

朝と昼。
食卓に座ると末娘がやって来る。
ミーとかニャーとかフワーとか言いながらやって来て膝に飛び乗る。
体もお頭も軽い痩せっぽちのチビっ子ももう七歳か。
なあしましま。お前は歳を重ねるほどに母さんに似てくるな。
形のいい耳も、緑の目も、おでこの縞もエリカにそっくりだ。
お前の母さんは昨年の五月、あの国東で病に倒れたらしい。
雲のない夜にここから西の空を見上げれば、
エリカは双子座の星々に紛れた、
カストルとポルックスの近くで瞬いている星になったのかもしれないよ。
お前とくつしたを取り上げてしまったエリカへの罪悪感は消えないだろうなあ。
だからお前より先に死ぬわけにはいかんのだ。
というようなことを考えた退院の翌日。

Sacrifice - Sinnead O' Connor
AERAという雑誌が拙著の書評を載せてくれた。
週刊文春にも載ったし大分合同新聞には恥ずかしながら写真まで出たw
で、そういうメディアで取り上げられる度に思うことがある。

それはもしかすると、うちの4兄妹を国東の山へ捨てた本人が、
どこかでその雑誌や新聞を見て、そしてひょっとすると僕の本を立ち読みしたりして、
「あ、こいつら私があの日、山の上の公園に捨てた子猫たちだわ」
とか思っているんじゃなかろうか? ということだ。
特に大分合同新聞なら地元の人がたくさん目にしている。
僕の記事が掲載された朝には何も告知などしていないにも関わらず、
新聞を見た国東の人からカミさんの元に何本もの電話がかかってきたものだ。
だから捨てた本人が見ていなくても隣近所から、「国東で猫を拾った人の話が
新聞に出ているぞ」と聞かされたかも知れない。
あの本には地元の人ならすぐに分かる航空写真も掲載されている。

僕は今まで敢えてこういうことは口にしないで来たけれど、
もししま兄と、ひでじと、ちーと、ぷーを捨てた人がこれを見ているなら言っておきたい。
あなたがあの日捨てた子猫たちは、こんなに立派な大人になりました。
なんてアホなことをオレが言うと思ったか?

2011年の10月4日に国東の里山に4匹の子猫を捨てたお前、
あんたは人間のクズだよ。ロクな死に方をしないから覚悟しとけよ。

20180808_052.jpg

僕は卑小で下衆な人間だから罪も憎むし人も憎む。
けれどそんな軽蔑すべき人物にいつまでも心惑わされるのも愚かなことだよ。
だからこうして大っぴらに一言毒づいたからにはこれきりにしよう。
あの秋が深まっていく夕刻に僕は4匹の子猫を救ったのかも知れないが、
あの日から僕自身が4匹+2匹の猫たちに救われ続けてきたのもまた確かなこと。

20180808_014.jpg

もう、嫌なことや悲しかったことはできる限り忘れてしまおう。
もう、つらかったことや悔しかったこともできる限り忘れてしまおう。
そして楽しかったことや、切ないほどきれいな思い出だけを心の隅に積んでおこう。
人生はそれほど長くないものだ。
無理に重い荷を背負うことなんてないんだよ。
僕はその生き方を猫たちから学んだ。
エクセルでちょっと面倒なリストの書き換えをしていたんだが、
こいつが何度降ろしても執拗にキーボードへ覆い被さってくる。
このふてぶてしい後頭部を見てやってくだされw

20180803_001.jpg

で、まあ、邪魔をして寝るだけなら親バカ根性で許しもするんですけどね、
例によってあちこちのキーを長押ししまくって、一時間かけた作業を
一瞬で水の泡にしてくれやがったので根負けしてキーボードを退避させた。
どかぬなら、どくまでまとうデブ長男。

20180803_002.jpg

そのうち気が済んでどこかへ行くだろうと思っていたら、
エアコンの効いた部屋が居心地いいのか猛爆睡で叩いても揺すっても起きない。
ネットでドリフの大爆笑見終わってもまだ寝ていやがる。
しょうがないから肉布団の上にキーボード置いてお仕事再開。

20180803_003.jpg

今日も暑いです。
世に三つ子の魂百までと言われる。
我が家の長女「ちー」 国東の山で拾われた推定生後3カ月のとき。

20181208_003.jpg

それから6年9カ月が経った一昨日。

20180729_151.jpg

なんだこいつw 三つ子どころか生後三月子の魂百までじゃんかw
走ってるか止まってるか。
喚いてるか寝てるか。
当社比では6匹中一番賢く、他の5匹とも対猫関係は良好。
賢さは争いを回避するのだな。
シャララーラ♪
日曜日よりの使者。
そんなに全力で邪魔しなくたって土曜は仕事なんかしないわい。

20180706_064.jpg

つーか、そうやってキーボードの上に突っ伏して、
謎の複合ショートカットキー押すのやめれw
モニタの表示がいきなり90度回転したり、
文字を入力しようとすると意味不明なカタカナが出てきたりするのだ。
きみがどのキーを押したか分かってないように、
オレもどのキーで復元したらいいか分からんじゃないか・・・。

20180706_015.jpg

大長男しま兄。
なんたってエイズウイルス陽性保持者だからな。
病は気から。
なるべくストレスかけず自由に人生謳歌したまえよ。
その悠然たる気難しさで一家の長を務め上げるのだぞ。
SKIN:Babyish-