title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

なんだかね、このごろ耳鳴りがひどいんだわ。

僕は昔から耳鳴りがよくするんだけどね。持病ってほどじゃなくて、時々キーンってすることはあった。でもこの頃のはキーンじゃなくて駆動音とか共鳴音とか、そんなかんじの音がずっと聴こえてる。
パソコンの筐体がビビリ音を出したりするじゃん? あと古くなったエアコンの室外機とか。ビビビビーやらズズズズーみたいな音なんだよね。

昼間は雑音が多いんであんまり気にならないんだけど、夜になって辺りが静かになると耳障りになって来る。一番しんどいのは布団に入って眠るまでの間。ちょっといい加減うるせえよと思うくらいビビビビビーって鳴り続けてるのだ。もっともすぐ眠っちゃうから耐え難いほど苦痛じゃないですけどw

ネットであちこち見てみると耳鳴りの主な原因は自律神経の障害、疲労、不摂生、ストレス、不眠なんだそうな。
耳鳴りがしても、眩暈とか吐き気とか倦怠感を併発してなけりゃそれほど重症ではないらしい。要は心身共に健全な生活を全うすれば治ると、そういうことなのだな。ホントかよ。

20190214_010.jpg

僕は能天気で無神経で楽観的だと思われているか知れんが、実はかなり神経質で臆病で石橋を巨大なハンマーで30万回ぐらいは叩いてからでないと渡れない人間なのだ。
だからやっぱりこのひと月くらいの独身生活で、猫たちに対するプレッシャーが蓄積しているんじゃないかと疑ってみた。
猫たちはお前が思っているよりしっかり者なんだから、小心者のお前があれこれ悩むことなかろう。
明日からはそう自分に言い聞かせて暮らそうw
そうすれば耳鳴り治るかもよ。

三連休も終わってしんしんと冷える夜。
先週は外仕事が2ヶ月に一度の過密な週だったんで、早く帰らないと猫ちゃんたちの晩ご飯が遅くなるとか、一日中家を空けていたら寒くて風邪引いちゃうよとか、誰かが聞いたらただのバカとしか思えないような焦燥に突き動かされていたオレなのであったw

20190211_600.jpg

問屋制家内工業であるが故に、常に誰か家にいるというのが当たり前になっていた我が家。15年以上続いたその生活に突如変化が起きてみると、ああ、今のこの暮らしっていうのは二人三脚で成り立っていたものなんだなあ、と今更ながら当たり前のことに感心したりしています。
明日からは通常モードの外仕事なんで帰りもそんなに遅くはならないし、いつ終わるかのペースも掴めているので気が楽なのだ。
なんだかオレもようやっと猫離れできたみたいです、と奥さんに言ったら、「猫離れなんて言葉初めて聞いたよ」と馬鹿にされてしもたw
一体お前どんだけ猫にかまけてんの? という感じですな。正真正銘のバカだわ。
お前の出した本の帯に、猫ってこんなにたくましかったんだ! と書いてあるじゃねーか、なんて誰かに言われちゃうな。
まあいい。ともかくオレは猫を愛して30余年なのだ。

20190211_355.jpg

もう3日も家に籠っていたんで今日は午後からちょこっと買い物へ。自分一人だと料理するのも面倒だから食材もほとんど買わない。庭にある野菜と食パン食ってりゃイイかってかんじ。だから買い物行ってもあんまり買うものがない。

20190211_201.jpg

で、帰って来てふと思ったんだがフィットを国東へ持って行っちゃったから今はこいつしかないのだ。
スーパーに行くとか、ラーメン食いに行くだけならエンコさえしなきゃこれでも用は足りるけどさ、灯油は買いに行けないよな? と思って試しに灯油のポリタンク載せてみた。
背の高い18L用だとトランク閉まらないけど、低背の20L缶なら2つくらい入るわ。為せば成るものだな。
さあ、今週もがんばるぞー。

国東に来ています。義母の看護支援できているんでなかなか忙しく、スマホしかないので長文の入力がままならないためブログお休み中です。
明日の夜には伊豆へ戻ります。
おーい猫さんども、待ってろよー。

関係各位。ちょっと国東へ行ってきます。

明日の午前中まで仕事追い込んで午後に出ようかと。
どうも奥さんの国東滞在が長引きそうなんで、車を含めた物資の補給を兼ねて義母さんにも会ってきます。
奥さんは今レンタカー借りてるんだけど、これが週単位だと3万ナンボ。月極でも7万+消費税とお安くないんで、それならいっそうちの車持ってっちゃえ! という訳でフィットで行って置いてくる。だから帰りは飛行機ですな。

陸路で国東へ行くには山口県の徳山からスオーナダフェリーで海を渡るか、四国の八幡浜から宇和島フェリーで渡るかの二者択一。
走る距離はどっちも800km弱で一緒だけど、便数は宇和島フェリーの方が圧倒的に多いからやっぱ四国経由か。豊後水道まで辿り着いたのにフェリー待ちで何時間も足止め食うんじゃもったいないもんね。

10年以上前だけど香川県の善通寺から大田区の家まで700kmを一気乗りしたことがある。バイクで、しかも全線雨。給油とトイレ休憩以外ノンストップで11時間かかった。あれは泣いたなあ。もう大型バイクなんて乗らねえよw
でも快適なフィットなら途中途中で仮眠を入れても12時間あれば楽勝だと思う。高速乗るのは金曜だけど、降りるときに日付が変わっていればETCの休日割引がきくんで、フェリーの発着時間に合わせて時間調整しながら走ります。

仕事があるんで帰って来るのは4日か5日。
文字通りトンボ返り。ということです関係諸氏w
なんだか家の中の異変に気づき始めた猫たちも気にかかるのだが、ここは一つ皆で大人になってもらおうじゃないの。だけど顕著に情緒不安定になるのは、いわゆる猫嫌い人間好きのタイプなんですな。うちで言うと長男のしま兄と次女のぷー。この2匹、少々落ち着きがなくなって甘えたさん度が俄然アップしてきている。
先週までは奥さんがいないだけだったのが、今週に入って僕まで家にいないから「なんか変だぞ」と感づいたんだろう。しま兄よ、ぷーよ、これを機会に逞しくなっとくれ。


さっきスカッシュは里子に出ていきました。
引き取りに来た人はなかなかの好青年。
あんなに見た目も性格も爽やかそうなんだから、
もちっと人付き合いの礼儀みたいなことに気をつかえばいいのにね。
そりゃ個人情報とか守りたい気持ちも分からんでもない。
でもそこは臨機応変というか融通無碍というか。
会ってみたらいい人だったので罪滅ぼしに庭でバナナ食った(謎

20190125_140.jpg

たかが一期一会。
されど一期一会。

この子を里子に出すことにしました。

20190124_719.jpg

2年前にはどうにか動いたんだけど今は不動。直す気もないし、乗る気もない。もともとタダで貰ったものだし、可愛いから置いておくだけでもいいかな? と思って駐車場の隅に置いておいたw
でもね、やっぱり朽ちていくのを見るのは哀しいものですよ。だってうちへ来たときは好調とは言えないもののちゃんと動いたんだからね。
誰か趣味で直す人がいるのなら、里子に出した方がスカッシュ自身も幸せだろうと思って決心したのであった。

僕としては一切の手間も金もかけたくないので、誰でもいいからちゃんと家まで引き取りに来てくれる人が一番好ましい。もちろんタダで放出するけど、ドタキャンされて別な人と再交渉なんて、そういうめんどくさいのは御免なんです。
ヤフオクやメルカリだと貰い手をこっちが選べないよね。落札、もしくは購入の手続きをされたらその人で決まっちゃうもの。だからジモティーっていう無料の掲示板に投稿した。

予想はしてたけど「無料」なんで、まあ怒涛の如くメールが来たw すごかったぞw
先着順ではなく、ちゃんと引き取ってくれそうな人を優先しますと書いたけど、「ください」としか書いてこない人がほとんど。今は腐りかけて不動だって丁寧に説明してあるのに、「明日から通勤に使いたいです」とかもう訳わからん。日本語読めない人なんかね?

で、一番来てくれそうな人に決めて交渉始めました。明日の金曜に取りに来るらしいんですが、その人、苗字を名乗っただけであとはなんも明かさない。いちおう住所とか携帯番号とかメアドとか教えてくれませんか? と思ったんだが「個人情報なので」だそうな (´・_・`)

あのさ、なんか間違ってないかい?
オレは名前も住所も電話番号も教えて、しかもタダでスクーター差し上げるっていうのに、なして譲ってもらうあんたが個人情報ナンタラカンタラで苗字しか明かさんの?
いいですよ僕は。ともかく持って行ってくれればどこの誰か分からん人でもこの際構わんですよ。バイクは僕の名義じゃないし、事故起こそうにも現状走れないんだから誰かを轢く訳でもないし。捨てたと思えば腹も立たない。

なんだか世の中おかしいんじゃないんか?
でももし明日会ってみていい人だったら謝罪文書きますw

荻窪の雷鳥社さんから葉書が回送されてきた。

20190123_015.jpg

猫本を読んでくれた方からの、謂わばファンレターみたいなものだと言っていいのかな? 国東とは瀬戸内の海を挟んで対岸になる山口県光市の方だった。
こういう名前も顔も知らない人が財布の紐を解き、読後にわざわざ葉書をしたためてくれたことに対し、僕は感謝という言葉以外思いつかない。
ありがとうございます。明日は返事を書くつもりです。

或る年齢より上の人たちにとって、手紙とか葉書の持っていた暖かさというか、その手触りというか、送る人も受ける人もそれを「待つ」ときの切なさみたいなものは、今時の通信手段では決して味わえない人肌の温もりだったと僕は思う。

誰の文字にも人となりの癖があり、選ぶ封筒や便箋や切手にも人それぞれの顔が見え隠れしていた。
そうだよ、かつて僕たちは親しい友や、両親や、叔父叔母や、愛しい恋人たちに思いを込めてペンや筆や鉛筆を走らせたものだ。夜更け過ぎに北斗七星を見上げながら、寒空の下をポストまでてくてく歩いた。そして想いを託し、祈りを込めて薄っぺらな封筒をポストへ投げ込んで帰ったものだ。いつも郵便配達の自転車やバイクの音が聞こえる度、わくわくしながら返事が届くのを待った。

今はLINEが届いたら5分以内に返事をしないとヒンシュクを買うんだそうな。たったの5分か。便利で、しかも無料のツールが放り投げるように恵んでくれる5分。
その5分のために僕らはいったいどれだけの時間を失ったんだろう? その便利さを得るために僕らはどれだけの行間を失くしたんだろう。
僕は自分の言葉に応えてくれる誰かの返事なら5日でも、5か月でも、いいや5年だって待てるぜ。

雷鳥社のAさん、葉書の転送ありがとうございました。
素敵な栞も奥さんが喜ぶと思います。
こんな夜は至極の一曲。
Peter Gabriel - Under Lock and Key (from the movie "Birdy", 1984)

謹賀新年。

今年も粛々と日々道を踏み外さずに生きていれば、一年の終わりの日に頭を抱えたり溜息をつくこともないだろうと思う。
一つも楽しいことがない日でも、嫌なことがある日よりは幾千倍幸せだろう。と思える心の倹しさがいつか本当の幸せに導いてくれるのだ。

と、偉そうなことを毎年口にしながらなかなか本当の幸せに辿り着けないのは、ひょっとすると自分が気づかないだけで、もう既にシアワセの只中にいるのかも知れないよ。僕も、あなたも。

昨夜は深夜の初参りで4時間しか寝てないから、午後7時の段階で意識朦朧。今布団に入ったら眠りの斜面を滑り落ちるように爆睡だろうな。だからもう寝ますw

皆が健やかでありますように、と昨夜はお賽銭500円投げて手を合わせてきた。元気であればなんとでもなる。
だから一年の初めに祈るのだった。
皆が健やかでありますようにと。


昨日、この春に出した拙著が「企画のたまご屋さん大賞2018」に選ばれたと連絡をいただいた。

20181229_042.jpg

この「企画のたまご屋さん」というのは出版支援のNPO法人で、ともすれば自己満足の極みになりがちな自費出版ではなく、コネもネームバリューもない素人にあくまで商業出版の機会を提供する「ほんたま」というサービスを運営しておられるのです。
「ほんたま」とはたぶん本の卵のこと。主に無名の著者が持ち込んだ出版企画を業界に精通したスタッフの面々が吟味して選び出し、書籍化が期待できるものを毎日一つずつ、情報の供給登録をしている1000社以上の出版社へ配信するというもの。

20181229_054.jpg

僕と奥さんはこの本を出そうと思い立ったとき、それまで仕事で繋がりのあった数社の出版社に話を持ち込んだんですが、折しも空前の猫ブーム真っ只中なんだそうで、どの出版社も首を縦には振ってくれなかった。要は「こんなん売れないでしょ?」みたいな烙印をおでこに押されたわけだw
で、うちの奥さんが見つけてきた「ほんたま」へDTPでほとんど仕上げた原稿を送ってみた。そしたら一人の編集者さんが興味を持ってくれ、それを千数社の出版社へ配信した結果、東京・荻窪にある雷鳥社さんから出版することになったわけです。

本が出来上がるまでには幾人もの人の世話になった。僕はこのブログに書き綴ったことを言われるままに書き直しただけ。あとはすべてうちの奥さんと、ほんたまのK.Kさんと、雷鳥社の担当編集だったA.Kさんがやってくれた。
本が出来上がってからは、それを仕入れて棚に並べてくれた書店さんや、粉骨砕身で営業活動に勤しんでくれた義兄さん。弟の人。何冊も買ってくれたご近所の方々。そして何よりも数多ある本の中からこれを手に取り、財布から大事なお金を叩いてくれた人たち。
その中には、まだ子猫だった我が家の猫たちが、国東の里山を彷徨い歩いていた頃からブログのコメントで応援してくれた人たちもいる。あの本は子猫たちの成長記録であると同時に、僕自身の心象記録でもあります。

20181229_567.jpg

だから僕は、本を手にしてくれた顔も知らないすべての人たちに、本当は一人一人ちゃんと頭を下げてありがとうと言いたい。でもそれが叶わないのなら、あの本の出発点になったこのブログの場を借りてお礼を申し上げたいです。

みなさん、どうもありがとうございました。

奥さんに誘われて三島に新しくできた、いきなりステーキに肉を食いに行ってきた。肉だよ肉w

20181219_014.jpg

僕はステーキとか、焼肉とか、しゃぶしゃぶとか、馬刺しとかあんまり好きでない。魚や貝の刺身も好きでない。だからこれ見よがしにてんこ盛りの海鮮丼とかイクラ丼とか、好きでないを通り越して嫌いですらある。
生牡蠣も焼き牡蠣も好きでない。毛ガニもタラバガニも伊勢海老も甘海老も好きでない。寿司も光り物の一部を除いてほとんど食べない。
つまり僕は、大した調理をせずに素材そのものを食するような料理、というか食べ物には概ね興味も関心も無いのです。

どんなに安物の素材であれ、どんなに月並みな手段であれ、手順を踏んで調理された「料理」を僕は愛す。故に僕は生姜焼きやカレーやハンバーグやナポリタンや餃子や焼きそばやラーメンやホイコーローを愛す。
そんな子供みたいなものばかり好きだなんて、イイ歳ぶちこいて味覚がガキのまんまですね、と笑いたければ笑うがよろしい。カレーや餃子を愛すのが子供だというなら、僕は喜んで子供に甘んじていい。そもそも何を好もうと人の勝手ではあるまいかw

300gの乱切りステーキってのを注文したんだが、昨今少食になったわたくしでも、茶碗に半分くらいの白飯と肉だけじゃさすがに足りんかったです。だから帰って来て、ドンキで100円だったペヤングソースやきそば食った。
僕的にはどう転んでもペヤングの方がうまい (´・_・`)

僕はもう40年ペヤングを食い続け、うちは猫たちもおそらく国産品では最安に近いキャラットミックスを子猫の時からずっと食べ続けている。
ボロは着てても心の錦。どんな花より綺麗だぜ。人も猫も倹しく粗食であれ。されど心だけは澄んで気高くあれ。と、何を言っているんだオレはw


SKIN:Babyish-