title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

みんな一日に何回ぐらい「暑いなあ」と言うんだろう?
いったい、あと何回ぐらい「暑いなあ」と言えば秋がやって来るんだろう?
以前の僕は目の前の暑さを大袈裟に嘆いてばかりいたけれど、
今はなんとなく、なあに、じきに秋がやって来るさと考える人間になった。
それが進歩なのか退化なのか、成長なのか諦めなのかは分からん。
でもついこの間も書いたように、僕たちの短い人生など平らに均してみれば
なんてことはない僅かな凸凹の中に納まっているものなんだな。

20180718_141.jpg

デッキの日陰に置いたメダカ鉢には先月生まれたちびっこ達がいっぱい。
すごい食欲で日々どんどん大きくなる。
日陰とはいっても昼頃には水温がだいぶ上がってしまうんだわ。
だからこの頃は氷を幾つかそっと浮かべてやるのさ。
そうするとちびっこメダカ達は氷の周りに寄って来るんだぜ (´・_・`)
んー、なんとも可愛いじゃないの。やっぱり暑かったんだな?
ちっちゃいけど、お前たちも一生懸命生きてるんだ。熱中症になるなよ。

20180718_092.jpg

ワイルドな畑から持ち帰った野菜たち。こんなハーヴェストな毎日。
今日のお昼はひき肉とナスとシシトウの辛みそ炒め。
でっかいキュウリは乱切りにしてドレッシング漬けにした。
僕は田舎で暮らすことを誰かに勧めたりはしないし、
都会と田舎のどちらかに優劣をつけてみることにも飽いてしまった感がある。
どっちにも魅力はあるだろうし、どっちにも苦痛はあるだろう。
けれどこの目眩のするような夏の一日に限って言えば、
都会のビル街よりも土と草と木に囲まれた場所の方が凌ぎ易いと思うよ。
それと忌まわしい音に悩まされ続けた僕が都会を離れて学んだことは、
常に騒音を出すのは人間だということ。つまり人の在るところ騒音あり。
自然というものは本来無音、もしくは限りなく無音に近いものだ。

20180718_098.jpg

明け方と夕方にヒグラシが鳴く。
カナカナカナ。
デッキの手すりで物言わぬ長女の一日も終わる。
暑い暑いと譫言を繰り返す人間と違い、
僕らは猫たちの寡黙さを学ぶべきなのかも知れない。
もっとも、働きもせず日がな一日寝ているだけならば、
この暑さもまた楽しなのかも知れん。
タイのゲストハウスでひっくり返っていたあの頃は、
僕にとって猫の時代だったのだな。
にゃー。

Robert Plant's The Honeydrippers - Sea of Love
脳味噌が茹で上がるような三連休もおしまい。
応援していたクロアチアの夢が潰えたワールドカップもおしまい。
お祭りの後はいつだって寂しいものです。

20180716_078.jpg

田舎者の猫が遊ぶのは本物の猫じゃらし。
だけどさすがにこの暑さ。
すぐ遊び飽きて、
粘度の濃い空気の中で怠そうに毛繕い。

遠くで聞こえる雨音のようなクマゼミの声が、
末娘の三女に染み込んでいく。
暑い暑いと言っても涼しくはならず、
糸を引きそうな時間だけが早くなったり遅くなったり。

20180716_108.jpg

2時までW杯の決勝戦を見ていて、
5時前に猫たちの朝ごはんをあげるんでベッドから出た。
睡眠3時間と気温35度で意識朦朧。
今夜は早く寝ませう。

Rêve - Françoise Hardy
この前直したデッキの物干し。
乾きの悪いオイルステインが三日目にしてようやく手に付かなくなったので、
崩落した旧物干しから回収した金具を打ち込んで取り敢えずは再生しました (´・_・`)

20180715_120.jpg

これがついてるだけで部屋の中の温度もだいぶ違う。
都会のアスファルトほどじゃないけれど、直射日光に灼かれたデッキの照り返しは
結構きついものがあるのだ。せっかく猫さんたちの昼寝場所なのにね。
物干しとともに1.5m下へ落下した南部風鈴も草をかき分けて発掘。
ズタボロになってた糸や短冊を新調してあげるのです。

20180715_041.jpg

風情のある音は深みのある岩手水沢の鉄鈴の音。
しかし今日は風もほとんどなくて風鈴も黙り込んだまま。

20180715_044.jpg

額に汗がひと筋。
一日に4回くらい水シャワーを浴びていい気持ち。
昼前に山を下りて買い物に行ったら、スーパーにもコンビニにも道路にも、
目眩がするほど人と車が溢れていた。都心からあれだけの熱源が脱出してきたのなら、
東京も少しは涼しくなったんじゃなかろうか? なんて思ってしまった。

20180715_112.jpg

誰も彼もが物言わずじっと暑さに耐えている三連休。
西の地ではこの酷暑の中で避難生活を強いられている人も。
それに比べりゃ僕も猫たちも、ただじっと暑さを甘受していればいいだけ。
眼下の海から天城の稜線へ湧き上がった入道雲が弾けて、
サーッと夕立でも来ないかな?

石川セリ - 八月の濡れた砂
自動車保険は事故を起こして保険を使うと等級が3つ下がります。
というのはン十年前からそうだったから僕も知っていた。
ところが2014年に法改正が行われて事故で保険を使った人の場合、
同じ等級でも無事故の人とは年間の支払額がまるで違うようになっていたんだわ。
まあそうしないと不公平というか、保険会社にとって旨味がないんだろうな。
つまり一度事故を起こして保険を使うと、自業自得とはいえその先長きに渡って
前科料ともいうべき割増された保険料を延々と払わせられるわけなのですよ。

これを断ち切るには一度保険を解約するか満期の際に更新しないで失効させ、
その後13か月間どこの保険にも加入せずにいれば「前科」が抹消するらしいです。
前科のデータは国内すべての保険会社が共有しているからインチキしてもすぐバレる。
日常使う車に13か月間任意保険なしは考えられないけど、
趣味で持ってるロードスターなら一年ちょっと乗らずに置いておけばいい。
と考えて昨年の車検切れを機に13か月寝かすことにしたのだ。
そして先月車検を取り、今月満を持して13か月が経ったのであった。

==================================================
えるしのあ様

この度は「****自動車保険」をご契約いただき、
ありがとうございました。
えるしのあ様のユ-ノスロ-ドスタ-のご契約は、
明日2018年07月13日午前0時より補償開始となります。

本メールでは、補償の開始にあたり知っていただきたい情報を、
5つのトピックスに分けてご案内します。
==================================================

20180713_979.jpg

いよいよ復活。
でも気温は明日から体温越えだそうな (T_T)
四半世紀前のネオクラシックカーにはきついな。
でも乗らなくなって、乗れるようになっただけで喜びもひとしお。
それは二度と乗らないであろう大型二輪の免許を持っている心境に似ている。
つまり、乗れないんじゃないの。乗らないだけなのw
炎天下の中、大大嫌いな大工仕事 (T_T)
朝一番でフィットをディーラーに定期点検に持っていき、
その足でホームセンターへ行って材木と留め具を買ってきた。

20180711_030.jpg

初夏の頃まで長期滞在していた英国在住のBBAさんに、
「ホームセンターって何?」と真顔で尋ねられたけど、
そう言われてみれば和製英語にしても意味不明すぎるわw
ホームセンター・・・。
このデッキの手すりの外側に付いていた物干しが先日腐って崩壊。
それを再生するのだ。

20180711_032.jpg

トンカントンカンと一時間ほど手際悪く作業して出来上がり。

20180711_034.jpg

こんなつまらないものでも洗濯物を干すのと日除けの掛け金を固定するのに
必要なんですな。もうあちこち腐ってグラグラしているんだけど、
ともかく夏場をしのげればいいんで補強しまくって応急処置。
あとは防腐のためのオイルステインを塗っておしまい。
3日ぐらいかけて重ね塗りしとけばいいかな?
庭のバジルを消費せねばというのでお昼は久々にガパオライス。

20180711_028.jpg

雨の多い天城山麓に佇む古民家は湿気と虫が大敵。
たぶん永遠に続くそいつらとの戦いに溜め息が出るのであった。
SKIN:Babyish-