title02.jpg

ぶらりごろりぱくり

東京日帰り。
朝6時半に出て帰ってくるのは何時かな?
12時間後でしょうか。
良薬は口に苦し。
膀胱炎の次男に抗生物質を飲ませなくちゃならないんで、
夕ご飯は我が家に珍しく缶詰を振る舞う。
あの強烈な匂いと美味しさに混ぜて粉々に砕いた薬を飲ませる。
つまり、誰かが病気になると他の5匹はおこぼれに猫缶が食えるのだw

20170620_025.jpg

よく食べ、よく眠り、そしてよく遊ぶ。
それが生涯を後悔せずに終えられる秘訣。
ネコたちの食べ物に対する意地汚さと、
眠りに充てる時間の気前良さと、
遊ぶときの真剣さは学ぶに値する。

20170620_915.jpg

僕ももう一度くらいは余計なことを気にしたりせず、
心から遊んでみたい。
今夜は梅雨寒というかんじで標高の高いこの辺りは気温16℃。
僕の部屋の小さな窓を閉めても半袖じゃちょっと寒いかな?
狭くて天井の低い部屋はパソコンの放熱でじんわり暖まる。
だから次女以外の全ネコが押し寄せて場所の取り合い。
珍しく痩せっぽちの末娘が膝の上に乗ってきた。

20170619_033.jpg

小さい頃はよくこうやって膝というか腿の上で寝たんだけどな。
この頃はもう大人になったのかさっぱり上がって来なくなった。
痩せっぽちなりに大きくなったけどやっぱり痩せっぽち。
今でも片手で楽々持ち上げられるのはこのしましまだけ。
食べても食べても太らない羨ましい体質。

20170619_040.jpg

こうやって狭い部屋でネコに埋もれて、
白熱灯の柔らかな光の下でコーヒーと甘食を味わう。
うーん、早く秋にならないかな。
そして火を焚く冬の待ち遠しさ。
今夜はいつもより濃いめに淹れたコーヒーで、
いつもよりすこし水分の飛んだパサパサ甘食を食べよう。
青い影はやっぱり名曲。

Procol Harum- Whiter Shade Of Pale plus long version
酒を飲まない僕はこんなものばかりを愉しみにしている。

20170616_024.jpg

煙草もやめて今月で3年になる。
昭和の価値でいえば酒も煙草もやらないつまらない奴だ。
今でもたまには紫煙が恋しくなることもあるし、
コンビニの入り口に漂っている煙は全然苦にならない。
だけど3年間、1本も吸わなかったんだから今後も吸わんだろな。
今日は沼津の銀行まで行ったんで、
また富久家のイタリアンロールを買ってきた。

20170616_022.jpg

このケーキ、なんでも静岡東部じゃ有名なんだらしい。
土日だと予約しなくちゃ買えないんだってさ。
先日初めて食べたときはちょっと新鮮で懐かしい味に感動したけど、
2回目になると感動も興奮も半減しちゃうな。
というか欲張って厚切りしすぎたんでウップとなってしもた (´・_・`)

20170616_027.jpg

長女さん。
きみと出会った感動はとうに薄れてしまったけれど、
愛情だけは今も変わらず持ち続けているつもりだ。
どんなことにも感動して、毎日毎日興奮の坩堝だった頃が懐かしい。
キラキラの青春は誰にだってあったはずだろ?

梅雨の晴れ間のキラキラ木漏れ日。
今はそれで一匙のシアワセを味わふ。

The Honeydrippers - Sea Of Love
次男の人。またちょっと膀胱炎気味 (T_T)

20170615_026.jpg

昔のネコ用ドライフードは粗悪品ばかりだった。
獣医さんへ行けばサイエンス・ダイエットが買えたけれど、
ロイヤルカナンなんて当時は聞いたこともなかった。
そんなもん売ってなかったよなあ。僕が知らなかっただけか?
ともかくそこいらで売られているカリカリはどれもこれも粗悪品。
だからボーイズたちは常に尿結石のリスクを背負っていた。
今は激安中国製とかじゃなけりゃそんな心配はほとんどない。
と、思いたい。
ネットで注文してシンガポールから届いた抗生物質を昨日から処方中。
ドイツのバイエル製だよ。
前回はてきめんに効いたけど今回はどうかな?
治るといいね、ひでじくん。

20170615_020.jpg

ご近所の新潟ご夫妻からもらった笹団子とカミさんの作った桜餅。
桜の葉はうちの庭の桜。だと思うw
新潟は美味しいものの宝庫な土地。
僕は刺身とか、カニとかウニとかホタテとかまるで関心がない。
僕は調理加工されていないものには関心がない。
ただ素材を焼いただけのステーキや焼き牡蠣を僕は調理と認めない。
新潟には調理加工されたいろんなものがある。
その点伊豆はまるで勝ち目がない。

Slade - Cum On Feel The Noize
SKIN:Babyish-